プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

老老介護と虐待

2015/06/22 10:22:38 | 介護 | コメント:0件


※文章力がないので表現に不適切な部分、不快感を感じるかもしれませんが悪意はありません。


きょうは「老老介護と虐待」、このきびしい(悲しい)現実を見せつけられました。

その人(老人)は糸の切れたピノキオを前抱きにしたかのように老夫人を歩かせていた。

「どうしたんですか」と尋ねると「お盆が近いので歩く練習をさせている」と答えた。

しかし僕の眼には一時の僕の姿に見えた。


そして、事件は起きました。

僕の目の前で老人は老夫人を支えることができず地べたに老夫人は転がりこんだ、

「あっ、これは無理だ、保護しなければダメだ」と思った。

そして、老人に言った「無理ですよ!奥さんがかわいそうですよ!」と

それでも老人は奥さんを抱き起しまた歩かせようとした。

要介護の人を車いすなしに散歩?しかもいつ雨が落ちてくるかわからないというのに。

お二人の光景は介護というよりも老老介護の限界、問題を痛感させる虐待としか見えないものでした。


ひつように歩かせようとする身内、苦悩の症状を浮かべ、僕に何かを眼で訴える老夫人、

「やめなさい!」と制止した。

この場所でのちょっと前にも同じようなやり取りがあり、遠う目から見つめていた彼らに手招きで

手押し車を持って来てくれるように頼み、彼らの手助けを得て、老夫人を手押し車に座らせるよう老人に言う、

彼はしぶしぶ座らせたが力の抜けた介護者を立たせ座らせるには大きな力が必要、その力が老夫人の身体に

また、苦痛となって締め付ける。

老人は老夫人を言い聞かせ、手押し車で散歩を続けようとするが足が垂れた状態なので足が地面にすれ、

巻き込まれるような状態で「もう、危ないからやめなさい!」とみんなで制止する。

そして、警察を呼んでいるのでここから移動できないように近所の人が老人と話をし続け時間を稼いでいる。


やっとお巡りさんが来る。

前にも問題を起こしているようで「なんで警察を呼んだ!」と怒り始め、そのうち憲法うんぬんとわけのわからないことを

言いはじめる。

老人にとっては精一杯の抵抗なのだろう・・・。


しばらくして、老人にお巡りさんが付いて手押し車で散歩し始める。

「なんで保護してやらないのだろうか・・・?」

散歩なんて苦痛以外のなにものでもない・・・と僕は思えたのだが。


10分以上たってからおまわりさんが戻って来て置いてあった自転車に乗って走り去って行った。

それからしばらくして人の乗っていないの手押し車を押して老人が戻ってきた。

手押し車を返しに来たのだ。

そしてまた散歩先の方向に戻っていった。


しばらくして、その戻っていった方向から救急車がサイレンを鳴らし走ってくのが見えた。




DSCF1699-14.jpg

  FinePixS1   

  



実は僕も同じような間違いを起こしたことがありました。

何とか母に良くなってもらいたい! 動けるようになってもらいたい!  これ以上悪くならないように・・・という

母への思い、しかし、僕の思いとは裏腹に現実の母は動けないし、答えてくれない。

母への思いが強ければ強いほど何とかしようという思いも強くなる。

これが悲劇への始まりなんですね!

たとえ介護であっても目の見えない母にとっては何をされているかもわからないし、

僕の思うようにいかない苛立ちのこころの波動を感じ、恐怖心を覚えさせてしまうこともありました。

ですから僕自身も介護を通してたくさんの失敗を重ねていました。

今はありのままの母を受け止め、新しい子供、家族が増えたと思って接しています。

親子という関係よりも一人の仏の子として愛とはなにかを毎日学ばさせていただいています。

どんな状況、どんな状態になろうとも最高の人生を送らさせてもらいたいと思っています。


今日も母とともに「愛とは何か」を学び、お互いに「愛とは与えること」の意味を伝えあう日をいただいています。。




イメージングこそ、あなたの未来の設計図。

繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。


                                 『心の指針 17 イメージングの力』 より  
                


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針 You Tube 勇気と自信 ―大川隆法総裁 心の指針126―
 
 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆間違えるな安倍首相!天の眼を持て!!  
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1867-055e5e50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)