プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

ランドスケープ・フォト考  風景の中に自分がいる

2014/12/18 08:53:42 | 写真一般 | コメント:0件









DSCF7372-2.jpg



FinePixS1 




17日は爆弾低気圧で各地から大雪を報じられていましたが東京は冬型の典型、冷たい北風が終日吹きぬけ、
山々を越えてきた雪雲が北の空に出現していました。
やはり日本の神々さまは衆院選に対する国民の判断にお怒りでありますね・・・・・。

そんなことを考えながら僕は日没までの小一時間、北風の中で太陽と雲を追っていました。
ダイナミックな大きなエネルギーに身も心も引き込まれ最後は身体は冷え、手はかじかんで感覚がなり、
これ以上は無理と撮影をやめました。
風景写真を撮る時に大切なのはよく風景(被写体)とシンクロするいわれていますがまさにそのとおりです。


昨日、大川先生の公開霊言された『荘氏の人生論』が幸福の大学シリーズで本になって出ていたのでいただきました。
その中に「荘氏が語る美の世界]という章があるのですがその一説に

T :   「自分を見つける喜び]ですか。
荘氏 : うんうん。自分を見つける喜びなんだよ。心に感じるんじゃなくて、自分を見つけるんです。
     そこに自分を見つけるんですよ。 「ここに自分がある]と感じる。   (大川隆 法著『荘氏の人生論』P241より転載)

そうなんですね、「これが自分だ!」という世界そのものなんですね。
神様の世界は『真・善・美』の世界ですからその中の美にすごく感じるところがあるのが芸術家さんではないでしょうか。

ただここに言葉を一つ付け加えたいと思っています。
それは芸術家の前に「今までの」を付け加えたいのです。

自分という魂がより大きくなっていけば・・・「愛と悟りとユートピア」、
・・・「もっと霊的で、もっと自由で、もっとパワフルな自己」を描くことができればネオ・ルネッサンスの芸術家たちが
新たに多く出現し、文化、文明をもっと押し上げていくことになると思っています。

現代をリードしている写真家の皆さんももう一段の「写心」が要求されている・・・これが時代精神です。
そう信じてやみません。。








慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針 You Tube 信仰を立てる ―大川隆法総裁 心の指針119―
 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆間違えるな安倍首相!天の眼を持て!!  
更新 new!日暮里から幸福実現の風を送っています。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1744-316ec733
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)