原子の炎の先にあるもの

Category雲・空


IMG_6727-1.jpg





この地球は魂の進化、成長のゆりかご、
大自然の恵みはそのために神が人類に用意して下さった贈り物。
それだけではない、およそ人類が創造できるものは神の世界に存在するもの。

原子の炎は決して悪なるものではない、ましてや大自然の恵みの神は原子の炎の存在を否定しない
なぜなら原子の炎も神そのものの一部であるからだ。
大切なのは知恵だ、人類の英知だ
その英知の奥に叡智という名の神がおわすということわ知ることだと思うのです。

人は良く身の丈の生活に戻るというが神の正義がどこにあるかを考えたことがあるのだろうか・・。
人類は進化、進歩と調和・・大調和という方向性を与えられた永遠の生命体、神の創造物。

僕はいつも人類は原子の炎を越えていくことができると思っている。
そのためにはまったくの新しい学問、あたらしい技術、常識を越えた新しい人材が必要だ。
幸福の科学大学は人類の未来の希望だ、未来創造への源流点。








慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針116「隠された力」月刊誌「幸福の科学」8月号 ページが表示されたら左端をクリックしてください  
 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風  
毎日更新!日暮里から幸福実現の風を送っています。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

0 Comments

Post a comment