相原正明プロワークショップ参加編その二  モノクロの勧め

CategoryD300

初めに 

この時期はモノクロが面白いとの相原プロのアドバイスがワークショップ終了後のこんにち、データ整理をしていてよくわかります。

ここに載せたモノクロはカラーからソフトで変換したものです。
カラー現像を見ているとどうしても自分の表現の限界を感じる絵柄があります。
こんかいの相原正明プロのワークショップでモノクロの表現力の力強さ、素晴らしさ、
モノクロでしか表現できないものもあることを学びました。

相原プロは瞬時にカラーかモノクロかをその被写体の構図、光の具合、こころの絵コンテにあわせて判断されるようで
さすがプロと思いました。
しかもモノクロははじめからモノクロモードで、カラーはカラーで撮ることの大切さを教えていただきました。
新しいカメラを買うときはモノクロにも強いカメラを選ぶつもりです。




DSC_6271-21.jpg











DSC_6284-21.jpg











DSC_6287-21.jpg










DSC_6295-21.jpg





前面の赤い葉っぱをアイポイントとしました。





DSC_6296-21.jpg





もっと太陽が北に移動し(時間が経ち)完全に逆光のシルエット状態になり、かつ、わずかに残った前面の葉が光に透けた時が
最高のシャッターチャンスかもでした。

一期一会の絵を逃しました・・・瞬時に思いつかなければプロになれません。
今回のワークショップ、相原プロの存在を通じていろんな意味で収穫大です。



DSC_6339-21.jpg





高校生の頃、押し入れを暗室にして現像、焼付をしていた頃が思い起こされます。





DSC_6347-21.jpg





この絵のタイトルは『結界』、『関所』・・・・。
一つ前の絵のデフォレメされた木が画面から飛び出る感じに撮れたら組写真として成立するんだけど・・・
まだまだ心の引き出しに絵コンテが少なさ過ぎます。。







慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
 ◇アー・ユー・ハッピー?  

 
◇心の指針108「道を求めて生きる」 月刊誌「幸福の科学」12月号 ページが表示されたら左端をクリックしてください 
 

 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。
最新配信!.【大東亜戦争】韓国・中国の「日本悪玉論」は大ウソ!日本は植民地解放のヒーローだ!【ザ・ファクト#005】 .

☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風  
毎日更新!日暮里から幸福実現の風を送っています。



人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風









0 Comments

Post a comment