FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

エル・カンターレ信仰を心の中心におく真理写真家の信仰告白ブログ

       四苦八苦を乗り越えて・・・スーパー・ベガ・ヒーリングその後 




IMG_4140-1.jpg








八月に箱根精舎で母のスーパー・ベガ・ヒーリングをうけて二ヶ月が経ちました。


祈願を受けてから退院したのですが家でも食事も取れず病状は厳しくなるばかりでした。
僕以外はおばぁちゃんはこのまま老衰という形でもうすぐあの世に帰ってしまうのだろう思っていたようで
今の母の状態を誰一人想像できませんでした。

ところがおばぁちゃんを大往生させてやろうと兄弟の中で心がまとまった時から変化が現れてきました
だからみんなびっくりです。往診に来てくださってる先生や母の面倒をずっと見てくださっている看護師さんも
死をも視野にいれていたようでしたから超超ビックリ!。
今では血圧は正常になり!降圧剤の服用もやめ、飲む薬の数も減りました。

しかしながら、元気になればなるで次の問題がまた出てきます。

血液検査で鉄分が足りないと言われ、最初、錠剤の服用では母に肉体的、精神的にも苦痛を与えてしまったので
薬を断り、代わりにカゴメがら出ているラブレを飲ませることにしました。

ところがいざうんちが出てくると前回の錠剤と同じ結果になってしまいました。
高齢、老齢の体は機能が低下しており、鉄分はそのままウンチと一緒に出てきました。
ということでまたお尻が炎症を起こしてしまい、踏ん張るので腸も一緒に出てしまい、その敏感な腸膜も炎症を起こし、
地獄の苦痛を与えてしまいました。

それで血液検査にとらわれ過ぎないでなるべく苦痛のない状態を第一とするべく判断をするようにし、鉄分、貧血?はパス・・・。

するとまた次の問題が出てきます。便秘です。
これが厄介で、最終的には肛門に指を突っ込んで固まったウンチをかきだすのですがこれが痛いんですね!
七転八倒の苦しみで僕一人では対処できず、二人がかりです。

大往生といいますが肉体を持っている身にはそれに伴う苦痛が肉体的にも精神的にもなくなりません。
本当にこの世ではあの世に帰る寸前まで四苦八苦はなくなりませんね。

いま母は「苦しみは尽きないけれども苦しみを受け入れることによって四苦八苦は乗り越えることはできる」ということを
身をもって教えてくれています。
ですから痛いときは歌を歌ってまぎらわしています。でも痛さがアップすると音程と音量が変わるまことにかわいいばぁちゃんです。

まぁ、ちょっと本来の四苦八苦とはずれているかもしれませんが・・・。

今日という日が無地に終わったら終わったらで別れの日が一日近くなったということで複雑な気持ち・・・ちょっとさみしいかも。
いまはこのさみしさを黄金の時に変えていくことに専念しています。






慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
⇒http://are-you-happy.com/eudaemonics/785?utm_source=wordsJpn&utm_medium=email



 ◇心の指針105「知恵の泉」 月刊誌「幸福の科学」9月号


 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風  
毎日更新!日暮里から幸福実現の風を送っています。




人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風






コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1458-eb59095f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)