プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

       一日の終わりに

2013/10/01 19:19:39 | 信仰 | コメント:0件


IMG_4085-1.jpg








夕闇迫る西空に一条の光を感じた。急いで屋上に上がった、そこに見た風景は夜の帳が迫る中で全天を覆う一枚布のような黒い雲、がしかしその空と地を裂くように西の地平線に一条の光の帯が残っていた。まさに今日という一日の幕がおりよとしている瞬間だ!この黒い雲との間に走るオレンジ色の光に心が何かを掴んだ・・・・・。

僕たちの人生の中でいろいろと起こっている、自身の心に持っている恐怖心、それゆえに一歩前に足が出ないことが多くあります。勇気を出したくても出ない自分に泣く日が多いと思います。

しかし、それらはすべてこの暗雲に覆われた闇の世界の中で感じ、心に作ったものです。
この世界も、心の中の世界も本当は光に溢れている世界です。その光の世界の中で私たちは創造の世界を作っています。その創造が光を妨げたとき闇と見えます。恐怖心、マイナスの思いに心が支配されます。世の中の闇や他の人の心の中の闇はなかなか思うように取り払うことはできませんが自分の心は自由です、この心の王国の王様は自分自身です。自分の思いによっていかようにも変えていくことができま
す。闇で闇を照らすことはできません。自らの心の思いを変え、心の中の闇を取り払い、本来の太陽の子、光の子として輝きを取り戻した時、光の存在としての仕事が出来てきます。闇夜の灯台となれます。

徹底的なる自己信頼、大いなる光の存在の一部であることを信じその信じる光で自らの心の中の恐怖心とたたかう・・・ほんとうは戦うものではありません!思いを変えただけで闇、恐怖心は消えます。しかし、思いを一瞬で変えることができる人は人生の達人です。凡夫なる僕たちは戦うことを通して日々勝利し、自分の思いを変えていくのです。思いを変えた分の光で自らを照らし、周りの人を照らし世を照らしていくのです。その連続が人生であり、人生のある時にワンステージ上がった瞬間を感じたりするのです。

幸福の科学では「信仰の優位」として教えています。あのミケランジェロも「信仰の優位」の上に立って活躍された方です。そこには時代を超えた普遍なる光が天上の世界より彼の作品を通してこの地上界に流れいるのではないでしょうか。その神の光が人々の心を照らし、揺さぶるのだと僕は思っています。

よく命を吹き込むと言われますが作品に神の光の通路を設けたとき、単なる物質から神の光の一部、神の創造された大宇宙の生命の大樹の一部としての命の息吹が光となって放たれるのではないでしょうか。

信仰とは摩訶不思議なものではなく、人々に創造の素晴らしさ、喜びをもたらさしてくれます。

僕たち真理芸術家、光の写真家はその作品の奥に神の光の蛇口をつけれたか、どんな蛇口をつけれたかが勝負なのです。






慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。

「Are You Happy?」2011年6月号より
⇒http://are-you-happy.com/eudaemonics/785?utm_source=wordsJpn&utm_medium=email



 ◇心の指針105「知恵の泉」 月刊誌「幸福の科学」9月号 


 ◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。


☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風  
毎日更新!日暮里から幸福実現の風を送っています。




人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1456-240deb21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)