人生の問題集

Category信仰


IMG_3782-1.jpg








☆母の虐待…どうして神様は化け物に私を預けたのか(50代女性)
8.31 07:00 [人生相談 あすへのヒント]・・・msn産経ニュースより
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130831/bdy13083107010001-n1.htm

読者の皆様はこの回答を読んでどう思われたでしょうか・・・。

人間が神の子、仏の子、創造神である仏神と同じ性質を根本に持ち、
その魂の誕生時、という熱き仏のおもいが込められているということを知っていますか。
この思いに沿って生きたとき、人間は幸福感を得るようになっているのです。

仏の「我の如きなれ!」という思いの永遠の大道を
この世とあの世を何度も生まれ変わりながら進化しているのが人間の魂の本当の姿なのです。

この世に生まれてくるとき、個々人の魂はその魂にとって最も進歩、進化できる人生の問題集というものを
自身が納得の上で作り、今人生に望みます。

生まれてからの人生で、人々はこの真理に触れずに生き、自分でこしらえた人生の問題に四苦八苦し、答えを出していきますが
悲しいかなその答えは仏神の「我の如きなれ!」とは正反対の思いを心に重ねていきます。(仏法真理を知らないから当然なのですが)

人生はすべて縁起で綴られていきます。
良き答え、「我の如きなれ!」にそう答えを出した時は人生は幸福を得ますが
仏神の思いに沿わない答えを出した時は不幸が訪れます。

この縁起観を手にすることができれば人生の諸問題はその本質が見え、
佛の心に沿った魂の経験を得ることができます。

ですから起きてしまった不幸、その不幸の真っ只中にいるという現実はしっかりと受け止めたうえで、
「仏はこの人生の問題から何を学び出せと言われているのか」
自分自身の魂がどんな答えを本当は望んでいるかを深く、静かに考えることです。

そのためには大前提があります。
仏法真理を学び、仏の光の中に入ることです。
これが全てだと思っています。

仏の教えを我が人生の北極星とし、人生の諸問題を対して
常に「北極星」を見つめ、北極星の星あかりで心の中を見つめることです。

星明かりというのは一見心もとないようですが
強い明かりでは見えなくなってしまった人生の奥底の微妙な凹凸の影をも浮かび上がらしてくれます。

親子の縁は深いものがあります、お互いの魂にとって本質的なる魂の問題点を共有していることがほとんどです。
これをただ単に悪なること、不幸であったで片付けるのはたいへんにもったいないことです。

人生は幸福になるためにあります。
人は幸福になる義務があります。決して不幸になるために生まれてきてはいません!

その不幸の中こそ人生の宝、幸福の基が隠されているのです。
それを発見し、磨き、発展させることこそが人生の冥利なのです。




◇月間「幸福の科学」8月号・心の指針104「勇気ある人」
・・・下のURLをクリックしますと幸福の科学の月刊誌のちょい読みが出てきます。
その最初のページをめくると心の指針「勇気ある人」が読めます。
⇒http://publications.happyscience.me/jpn/mm/2013/08/


慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、
あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。
そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。


「Are You Happy?」2011年6月号より
⇒http://are-you-happy.com/eudaemonics/785?utm_source=wordsJpn&utm_medium=email



マスコミで話題の↓マスコミ報道では知りえないことがわかるインターネット番組。
new!◇幸福の科学公式インターネット番組「ザ・ファクト」
⇒https://www.youtube.com/user/theFACTtvChannel



☆日暮里発 吹かそう幸福実現の風

毎日更新!日暮里から幸福実現の風を送っています。
⇒http://blog.goo.ne.jp/first104ring




人生の悩みを解決したい、あなたに!!
 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)
日暮里発 吹かそう幸福実現の風


0 Comments

Post a comment