FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

写真と絵 



僕にとっての連休の最後、五日は上野の西洋美術館のラファエロ展に行って来ました。


IMG_2841-1.jpg


絵を見ていて思ったのですが最高の写真は最高の絵につながる・・・・

カメラは絵筆と同じです。

といっても僕はデッサンそのもののような気がします。


絵を描く時に写真を用いることを否定する人がいますが表現に至るまでの過程はいろいろです。

写真にもデッサン力がこめられていますし作者の思いもこめられています。

絵画は素描を元に完成されていきますがその絵コンテが写真であってもなんら

不思議ではないんですね・・。

ようはその写真の奥で芸術の神様が微笑んでいるかどうかですね。

描きあげられた絵から芸術の光が溢れているならば

そこに至るすべての過程は神様が見守り、支援・指導されているということではないしょうか。



うさちゃんを写真からパステル画に描いて一年経ちましたがやっとそのことに気がつきました。

写真として撮ってはいますが写真では表現できないものまで一緒に写し込めてあります。

その何かを表現しようと思うと絵という表現形態に行き着いてしまいそうです。。


ここ数ヶ月、新しいカメラを選ぶことでずっと考えていましたが自由度の高い、

撮っていて楽しいカメラなら僕にとってはコンデジも一眼も関係ないようですね・・・。


写真の中に絵になった姿も入っているものもあるんですよ。。



人生の悩みを解決したい、あなたに!!

 幸福の科学 みんなの声|voicee(ボイシー)






コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1342-1776c2ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)