FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

自由を守るということ 

6月2日に「ファィナル・ジャッジメント」という映画が全国映画館で封切られます。
平和ボケしている日本人に近未来、それも近いうちに起こりえる(かなりの確率で)危機を
映画という媒体を通して伝えているものです。

はっきり言えば中国の日本侵略への危機感を切に訴えています。
それほどこの国は自由というものを勘違いしてなまこかクラゲのように暮らしています。

先日、5月3日に「憲法を改正して、日本とアジアの平和を守る」集会とデモに参加してきましたが
集会では中国に国を奪われ、自由を奪われたチベット、ウィグル、南モンゴルの方々の切実なる
国・民を思うこころが吐露されていましたし、中国の方も自国の自由や人権弾圧を告発していました。

また、デモ行進をもしましたが残念ながら街中にくりだしている多くの人たちには危機感も感じられないし、
ほとんどのマスコミも報道しませんでした。あの産経にしてもしかりでした・・・・。


DSC_0529.jpg


デモが六本木公園までだったので帰りはミッドタウンから国立新美術館にたちよって乃木坂から
帰ったのでしたがみんなの顔を見ながら、この自由の大国、自由を守るには智慧と力、行動力が
いるということ本当に日本国民に知らせなければいけないと思ったものです。

僕のこのブログタイトルの下の左側に「映画・ファィナル・ジャッジメント」サイトへの
案内が設定されています。是非立ち寄ってみてください・・・・・。
そして、映画を観てください、友達にもこの映画のことを教えてください。

この日本の「平和」と「自由」を守るために!
日本を中国の侵略から守りことがアジアを守り、世界を守ることになり、世界平和へとつながっています。
真の自由の扉は日本がこの危機感に目覚めたとき、その門を開くでしょう。。

ファイナル・ジャッジメントへ



人生の悩みを解決したい、あなたに!!





  

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1145-ecd95f18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)