FC2ブログ

 かめぱぱの心のファインダー

幸福の科学信者のエッセイブログ

春のデザイン その一 さくら 

ユベ-ル・ロベール展を見たおかげで
僕の写真にあらたな光(切り口が
与えられました。

”写真は心(写心)のデッサン画”
プリント、スライド作品も
まだまだデッサン画なのですね。

これは永遠のテーマだと思いますが、
すべての作品も未完成形であって
完成というものは
この世には
ないんではないんでしょうか。


IMG_4951-1.jpg


心の世界をとおして
仏の世界とつながっているという
自覚があります、

おかげさまで
写真に光を込めることが
できるようになりました。

これはけっして
思い上がりではありません

人々は花見を楽しむことが好きです。
お酒も飲みます。

気づく、気づかないにかかわらず、
心の奥の世界で
エルカンターレの光の一部としての感覚が
共鳴しあっているからでしょうか。

みんなが花見を楽しみ、
酒宴に興うじているとき、
同じようにぼくは
ファィンダーを通して
光の一部としての喜びを
楽しんでいるということであります。

100人いれば100人の
楽しみ方、感じ方があるということは
なんと素敵なことでしょう・・・・。

ぼくもそんな
観る人を選ばない
透明感のある絵作りを
深めていきたいと思っています。

春真っ盛り、

しばらくは
春の光のデッサンを
楽しんでいきたいと思います。





人生の悩みを解決したい、あなたに!!





コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://utakasanohikari.blog61.fc2.com/tb.php/1121-6756cacb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)