プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

四月からは二人で中級コース

2017/03/31 19:28:44 | 手話 | コメント:0件

ポストに手話講習会中級コースの受講票が入っていました。もちろん、夫婦二人分。 開講の日まで初級コースの復讐と、指文字、手話単語と、DVDも使って夫婦二人で毎晩一時間特訓中。今日は奥さんが友達の文房具屋さんでご主人と手話で話ができたと喜んでいました。楽しいそうですよ。。追伸、僕もです。 ◇心の指針 14 8  男女が存在するということ  You Tube  画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。 せ...続きを読む

一枚の写真

2017/03/31 09:15:07 | 写真一般 | コメント:0件

久しぶりに写真を撮ろうと思った。どうせならと早咲きの桜が咲いている東日暮里の南公園へ、、ソメイヨシノはまだまだでしたがこの桜の花は満開、花の下では園児たちがお花見を楽しんでいました。花にはおきまりのめじろが来ていました。子供たちのたのしんでいる見えない姿もイメージしてこの一枚を撮りました。。 ◇心の指針 14 8  男女が存在するということ  You Tube  画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びま...続きを読む

本当の知る権利とは

2017/03/17 09:33:04 | 人生 | コメント:0件

昨日、遅い昼ご飯をを食べていた時、あるテレビ番組の中で女性アナウンサーが稲田防衛大臣の問題で「国民には知る権利がある」と言っていましたがあほか!・・・と思いました。彼女の言う「国民には…」は稲田大臣の嘘問題?よりも大きなうそです。彼女、彼らの知る権利は自分たちが都合よいように報道できるために知りたいだけです。「国民には…」を隠れみのに使っています。ハッキリ言って彼女らは真に国民が知らなければならない...続きを読む

手話講習会初級終了

2017/03/16 09:27:44 | 人生 | コメント:0件

昨日15日は去年の五月から受講していた荒川区の手話講習初級の修了式(合同閉講式)でした。ぼくらは夜のコースでしたが昼のコースの方やさらに上の中級、上級、養成コースの方々との合同閉講式、(だんだん上に行くにしたがって一年間頑張られ方が少なくなっていくのですね!)4月からは夫婦そろって中級コースにチャレンジです。僕らは中学の二年三年と同じクラスで学びましたが今また、二人で手話講習という場を通して学びの...続きを読む

真人への道・・・この世にあってこの世ならざる世界へ

2017/03/15 09:16:43 | 信仰 | コメント:0件

今回は真人への道ということでチャレンジしてみました。宗教にはお布施、植福という感謝行が伴っていますが、これについては神社の氏子やお寺の檀家組織としてそれぞれの生活地域に根付いて行われていることは皆様承知の事実であり、異存はないのではないかと思っています。が、しかし、なぜ、幸福の科学のお布施になると何故こんなに騒ぐのでしょうか・・・しかも元信者なる者をマスコミは出してきて”悪なるもの””問題あり”との論...続きを読む

天国の扉がついている写真とは

2017/03/13 09:06:44 | 信仰 | コメント:0件

   一枚の絵(写真)ですが僕の絵(写真)にはもう一つ別のものがついています。それは何だと思いますか・・・よく絵を見てみてください心が落ち着いてきませんか、豊かな気持ちになりませんか、なんか忘れていた心を思い出しませんか、そうなんです、僕の絵、写真には天国の扉がついているのです。わたしたち命あるものは創造仏、偉大なる創造の神様によって創られ、その仏さまの世界に暮らしています。そうなんです、私たちは...続きを読む

慈悲の光の存在を発見する

2017/03/05 09:55:29 | 信仰 | コメント:0件

たとえ輝き薄く、光り消えゆくようにこのにく眼、己が心に見えようとも大切なのはその現象に振り回されず、一切は仏の慈悲の光でできているということだ   闇に落ちようとも仏の慈悲の光の存在である闇とは光によってのみ消えるものであるなぜならば闇とは光の欠如にほかならないいたずらに闇に永く心を止めることなかれ光りを強く、高く広げることに心をくだけ、それは外だけでなく己が心の中の光りをも強くせよその強くなった...続きを読む

春を待つ蕾のように

2017/03/02 09:33:29 | 人生 | コメント:0件

近況です。なかなか記事が書けません、写真は撮りません。・・・というかインスピレーションも降りていて文字に綴るのですが自分のものになっていません。さっと吹き抜ける風のようです。でもその風の心地よさは常に忘れないようにしています。幸福の科学の文化芸術祭への作品応募もまだ進んでいません。既に昨年撮り終えているはずなのですが潜在意識はまだ動きません。もうちょっとで今回いただいたコップの水入れが終わります。...続きを読む