プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

幸せセミナーを受けてきました・・・プラスの釘は○○だった

2017/02/27 09:26:25 | 信仰 | コメント:0件

幸せセミナー受けてきました。法談と茶話会もあってとってもグーでした。しかも最強のプラスの釘も発見できました!!また、異次元パワーという富無限を手にしました。  誤解を恐れないで言えば一億円の小切手をいただいた感じです。不渡りにしないよう即行動です。まさに『富無限大』です。セミナー受けておられない方には意味不明のおかしな記事に感じるでしょうね。。幸福の科学出版サイトより  ◇心の指針 14 6 You Tube...続きを読む

幸せセミナー『さらば貧乏波動』

2017/02/26 10:49:02 | 信仰 | コメント:0件

今日は日暮里支部精舎で「幸せセミナー『さらば貧乏波動』 」が午後にあります。講師は横浜正心館の佐藤公喜本部講師です。僕自身が貧乏波動の中で幼少期を過ごしてきましたからこれへの親和性の部分の発見と対策、真逆のプラスの釘とは!?を発見して日々に打ち込んでいきたいと思っていますので楽しみなセミナーです。  ★26日(日)★幸せセミナー『さらば貧乏波動』13:00~15:30日暮里支部礼拝室にて・講師横浜正心館...続きを読む

心の指針147『過去と未来の間を生きる』で清水富美加問題を読み解いてみた・・・その二

2017/02/25 10:35:34 | 信仰 | コメント:0件

今回は駄文、長文になっています。前回は父が業界から干されたことを書きました。家族は経済的基盤がなくなり、母は心労から千代田線の西日暮里の駅で電車に飛び込もうと前に進みましたがなぜがなにかに後ろに引かれ、死ねなかったそうです。昨年の映画『天使にアイムファイン』のシーンとまったく同じことが母にも臨んだということです。ちょうどその時期が僕が目に見えない世界、信仰の世界にはいるきっかけのときでした。父の人...続きを読む

心の指針147『過去と未来の間を生きる』で清水富美加問題を読み解いてみた・・・その一

2017/02/23 09:40:26 | 人生 | コメント:0件

幸福の科学の月刊誌には毎月、大川隆法先生の「心の指針」が巻頭に掲載されます。いつも思うのですがこの「心の指針」は人生の旬、永遠の今的な感じがしています。今がその学びのときなんですね。そうした観点で今、清水富美加さんの問題によって芸能界の闇に光が照らされていますのでこれをこの世の常識論いがいの眼で見つめてみました。まず思い浮かんだのが父のことでした。何度か書いたこともあるのですがいまから四十年前、父...続きを読む

南宇都宮駅

2017/02/19 22:03:09 | 信仰 | コメント:0件

やっと・・・という言葉が先に浮かんで来ました。東武南宇都宮駅、幸福の科学総本山正心館の最寄駅です。今回は『異次元パワーを得るための祈り祈願』の支部祈願参加で来ました。正心館での最初の異次元パワー祈願大祭の時に個人で受けていましたのでこの祈願の重要性は十分体験させていただいていましたが二回目は支部祈願という形で・・・また一年間、前回以上の異次元パワーをいただけると感じています。2017年2月19日 東...続きを読む

早い!4日で発刊、『芸能界の「闇」に迫る レプロ・本間憲社長 守護霊インタビュー』

2017/02/18 11:11:25 | 信仰 | コメント:0件

いやぁ、スピード発刊ですね!清水富美加さんが自著書『全部、言っちゃうね』のスピード発刊に信じられない芸能人がいましたが幸福の科学出版サイトより  こちらもまた同じように信じられないのでしょうか。幸福の科学出版サイトより  僕が支部で拝聴したのは16日ですが守護霊インタビューからわずか4日で本になってきました。モト冬樹の「芸能界は芸能界のルールがあるから、ふつうの企業と比べられても困る」や坂上忍の「今...続きを読む

全部、言っちゃうね・・・清水富美加さん

2017/02/17 09:48:14 | 人生 | コメント:0件

清水富美加さんが自著書『全部、言っちゃうね』を出されたそうです。昨日はㇾプロ社長の霊言を幸福の科学の支部で聞いてきましたがテレビやSNSだけでは見えてこない新事実満載でした。昔、フライデー事件のとき、週刊誌の記事を真に受けた父とのやり取りを思い出し、多くのファンの方々や一般の方々の関心、反応を見るにつけ、多くのマスコミ関係の間違った報道にこのままでは「宗教=洗脳」という間違いをマスコミに洗脳されて...続きを読む

清水富美加さんに見る時代を作る力

2017/02/16 09:39:39 | 信仰 | コメント:0件

幸福の科学信者だとどこが問題なんでしょうか!宗教のどこが問題なんでしょうか!あの世を信じてどこが問題なんでしょうか、人間として生きる道筋を宗教、信仰に見出してどこが問題なんでしょうか。世のため人のため、多くの人びとと幸福なる世界を作っていこうとすることのどこが問題なんでしょうか。清水富美加さんを問題視する方々は自分の生き方は問題ではないんでしょうか・・・。人生は一冊の問題集、すべての人が自分の魂の...続きを読む

幸福の科学信者いま

2017/02/14 22:39:18 | 信仰 | コメント:0件

にぎやかですね!言論の自由というのがあるのでネットを含め、発言は自由なので大方はマイナスの意見が多い感じですね!僕は今年で信者歴30年になる会員ですが幸福の科学を信じていて不幸になることはありません。むしろ子供のころからずっと思ってきたことの延長線上に幸福の科学はあります。信仰は人間としての生きる道そのものだと思っています。では人間として生きるとはどういうことでしょうかそれは神の子、仏の子として生...続きを読む

タンスを捨てなさい

2017/02/14 09:02:33 | 人生 | コメント:0件

嫁に行った長女が家に来ていたので早速、模様替え中の一階の部屋を見てもらった。娘曰く「本を捨てたくなかったらタンスを捨てなきゃ!」と、う~ん・・・・・・・粗大ごみ受付センターにタンスを追加メールしました。母には足が冷えてはいけないと厚手の靴下をはかせていましたのでその靴下と寝ていたベッドのシーツ、一枚一枚に六年間の介護生活の思い出があります。そのシーツももう使わないのでごみ袋に入れました。他にも母の...続きを読む

障子張り替え

2017/02/13 09:25:37 | 信仰 | コメント:0件

日曜日は障子八枚と襖二枚、それとタイルカーペットに張り替えました。土曜日は仏間を。十八日にソファーベッドが来て32型の液晶テレビをそろえて、十九日に二階から本棚とエル・カンターレ像を降ろして終了の予定。一月から始めましたので一か月かかりましたが父母の部屋を布教所として使わさせていただけます。  八年ぶりの思い切った環境整備の日々です。まだまだかかえているものがありますね・・・捨てなきゃ変わりません...続きを読む

人生の時間

2017/02/11 10:25:44 | 人生 | コメント:0件

きょう、11日は大分で大川隆法先生の大講演会『信じる力』があります。私たちは直接、神の声をストレートに聞こえる奇跡の時に生かされていることをあらためて感謝できるときでもあります。まさに人生の「真実」に目覚める時なんですね。さて、ブログの内容ですがいつもよりもっと長くなってしまいました。最初に書いてからしばらくUPできないでいたんですが追加が来てしまいました。自分へのアドバイスだと思ってそのままでU...続きを読む

正しい供養 まちがった供養

2017/02/09 09:32:31 | 信仰 | コメント:0件

日暮里支部精舎に新しい経典が届いていました。「正しい供養 まちがった供養」という題名の本でした。もちろん、大川先生の本です。そのまえがきに「本書を一家に一冊常備して正しい供養、まちがった供養について勉強してもらいたいものだ。」と書かれていました。「この本、大川先生が一家に一冊常備して・・・と言ってるよ!、大事だよ!」と来ていた人に言ったら、かめぱぱの言う本だったら私もいただくと言ってくださいました...続きを読む

「居場所がない!」と永遠の今

2017/02/05 11:26:05 | 人生 | コメント:0件

よく「居場所がない!」ということを聞く時があります。かくいう僕も「居場所がない!・・・・」でした。でも今思うに「居場所がない!」と感じているそこがその時間が空間があなたの居場所なんですよ!と、言える僕が今います。  そこに自分にとって今一番必要な「魂の糧」が仏より与えられています。魂修行の場面なんですね!「居場所がない!」ときは自分の心が傷ついていますその心とはプライド、自尊心、高慢な心、他の人の...続きを読む

思考パターンと美をめでる心

2017/02/05 10:43:17 | 人生 | コメント:0件

悩みが生じたり、人生が困難、苦難の時にあるときは見方や考え方、思いが固まってしまっていて自由な判断、心の動きができないときです。 こういう時こそ自己を離れ、仏の光の中に心を置くことです。「美は善悪を越えたところにあります!」芸術の光りにふれることも大切です。美は固まってしまった心を解きほぐしてくれます。未知なる戦いの世界にはいっていますが足りないのは美を愛する心です。美も「仏の愛」そのものなのです...続きを読む

生きとし生けるものの光り

2017/02/03 09:11:48 | 信仰 | コメント:0件

美は愛そのものです美はひかりです美は生きとし生けるものの存在そのものです創造は美であります人生も美です一年、一日、一時間、一秒すべての時間も美に輝き美のオーラを放ち続けていますこの空間も仏の美でできています上野不忍池にて 2006年3月  美という心の目の窓は愛そのものです美は仏の慈悲そのものです美は仏性でもあります光そのものが美しいのです。。 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。 せいい...続きを読む

四十年後の眼・・・・四十年前の絵ハガキ ②

2017/02/02 09:21:09 | D300 | コメント:0件

この年、父はパキスタンのシャルコットというところにいました。カラコラム・ヒマールガッシャーブルムⅡ峰遠征にて 1977年4月30日  いとこの製作所が現地で品質の高いハサミを作ってもらい日本に輸入するということで叔父である父は技術指導で英語もしゃべれないのに単身で初めて外国(パキスタン)に行ってしまいました。シャルコットにはパキスタンの人と結婚された日本人女性がおられ、いろいろと手助けしたいただいたそうで...続きを読む

四十年前の絵ハガキ ①  「両親の愛」

2017/02/01 09:14:13 | 人生 | コメント:0件

父母の遺品を整理していたら僕が四十年前、1977年にカラコラムヒマラヤ遠征時のパキスタンから母に出した絵葉書が出てきました。あのときはカメラを持っていくのをやめてスケッチブックとはがき紙と淡彩の色鉛筆で山々をスケッチしていました。当時は父もパキスタンに技術指導に来ていたので留守を守る母あてに何通か出しました。カラコラム・ヒマール  チャポー針峰群 1977年4月30日   文中に「キャラメルのおまけのお...続きを読む