プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

空から見た西伊豆大瀬崎から恋人岬

2016/11/30 22:06:17 | 写真一般 | コメント:0件

26日、羽田から徳島聖地エル・カンターレ生誕館へ向かう機内から海の写真を撮っていたのですがパソコンで見ているとなんやら懐かしい地形が思い描けてきました。急いでグーグルマップで見当をつけて探していたらありました。今年の3月に行った西伊豆の大瀬崎から恋人岬、堂ヶ島方面でした。なぜわかったかというと大瀬崎の池でわかりました。 ANA機内より西伊豆大瀬崎から恋人岬方面 2016年11月26日  手前のスプーンの先...続きを読む

聖地エル・カンターレ生誕館

2016/11/27 19:16:30 | 信仰 | コメント:0件

四国徳島川島に落慶した聖地エル・カンターレ生誕館に26日(土)に行ってきました。僕たちは夕方の式典に参加させていただきました。式典が夜にまたがったこともあってこの日はライトアップされた生誕館が闇夜に浮かび上がりました。 聖地エル・カンターレ生誕館夜景 2016年11月26日  大仏様のおんまえで『永遠の仏陀』を拝聴させていただきました。僕は中央の真ん中に席を撮らせていただきました。生誕館に鎮座まします大仏...続きを読む

さあ生誕館へ

2016/11/26 08:35:02 | 信仰 | コメント:0件

23日の初転法輪記念日は本当に素晴らしい一日となりました。11時からの支部祈願では『人を動かす祈願』を受けさせていただきました。祈願経文を聞いていて「ああ、僕はずっとご指導いただいているんだ…」と思いました。ここに祈願という形で正念から正精進につながる道がハッキリと目の前に開かれました。この『人を動かす祈願』は『美のオーラを宿すための祈り祈願』に似ているなと感じました。美は人の心に感動を与えます。その...続きを読む

今朝の地震雲

2016/11/25 09:24:22 | 雲・空 | コメント:0件

今朝は西の方から東の方に向けて地震雲が出ていました。感じが三月に箱根で見た地震雲と似ています(全天の雲の感じ)。これで、一日中、空が暴れているようだとそれなりのが起こると思いますが今はハッキリわかりません。いつも思うのですが地震雲は予知というよりも、この地上の人びとの思い、波動を表している、今、こんな状況だよ!形としてはこういう天変地異になっていますよ!ということだと思います。ですから、このままで...続きを読む

54年ぶりの雪

2016/11/24 09:08:46 | 政治 | コメント:0件

朝から雪になりました。11月の降雪は都心では54年ぶりだそうです。2016年もあと一か月ちょっと、天変地異と言われるものが数多くありました。これからもあると思います。また世界情勢では世界がまさかと思っていたアメリカ・トランプ新大統領の誕生が決まりました。新大統領は日本においては現代の黒船と言われています。また国内においては政権与党の幸福の科学、幸福実現党への宗教弾圧、政党弾圧が起きています。そんな...続きを読む

祝・30年目の初転法輪記念日

2016/11/23 10:08:38 | 信仰 | コメント:0件

私の生まれ育った日暮里で1986年11月23日、主エル・カンターレ大川隆法総裁先生が初めて法を説かれて(初転法輪)から30年目の記念日を本日迎えました。30年前の今日、この地に巨大な光の柱が打ち立てられました。そしていまもこの地上に光は降ろされ続けています。何とも言えない感覚がしています。時は止まることがないのですが本当に時が30年前に戻ったようなゆったりとした永遠の今を感じています。一時でもこの...続きを読む

人の心を動かす。

2016/11/22 09:34:20 | 芸術 | コメント:0件

”人の心を動かす。”この動かすと変えるの違いが分からないところに問題があるわけです。”人の心は変えられない!”という真理があります。自分の心を変えることによって人の心を動かすのです。では、その心を変えるとは何でしょうかそれが人間がこの世で魂修行している課題なんですね、変わる心とは何ぞや!   仏性そう、本来の魂の生地を知ることです。この地上に我一人だけでは心を変えることができません。多くの人たちととも...続きを読む

生誕館落慶

2016/11/20 10:22:22 | D300 | コメント:0件

世界がどんな色におおわれようともどんな思想に覆われようともすべては時の流れとともに歴史の彼方に消え去っていくその永遠の歴史の中で唯一光り輝いているものを普遍なるものというそう、この世界をあらしめている、支えている、永遠性を持っているものこそが普遍なるものその普遍なるものへの篤き思いこそが信仰というものだ人類の新しき信仰の中心地に四国徳島に本日、その証が落慶する地球神、主エル・カンターレ下生、始まり...続きを読む

念いは必ず仕事をする

2016/11/19 22:04:58 | D300 | コメント:0件

念いは必ず仕事をする今日一日、この光の言葉が心に深く静かに臨んできています。 志賀高原にて 2016年10月30日   画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も...続きを読む

心の中心 ―大川隆法総裁 心の指針144―

2016/11/19 21:33:26 | 信仰 | コメント:0件

 大川隆法総裁 心の指針144より 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべて...続きを読む

豊かな表現力

2016/11/18 08:57:05 | 人生 | コメント:0件

先日、荒川区で行われている手話講習会(僕と妻は初級)合同の手話講演会(ワークショップ形式)が行われました。講師は井崎 哲也氏、夜の七時から九時まで休憩を入れての二時間、手話でなく体を使っての表現の実習、とても楽しい二時間のワークショップでした。以下は参加しての感想です。顔を使ってのひらがな表現、目での数字表現、手での形表現、ほっぺを膨らましたりすぼめてのつぼ表現と伝えるときも読み取るときも常に相手...続きを読む

美のオーラ

2016/11/17 09:23:04 | 信仰 | コメント:0件

トランプ米国大統領誕生に闇の勢力が米国内だけでな、く日本国内でもマスコミを使い、風に流されやすい日本人気質を操ろうとしています。これはアメリカの決断したこと、善悪の判断もできないような一部マスコミや扇動者たちが語る善とは何だろう・・・。こういう時に大切なのは”美のオーラ”ではないでしょうか、言葉にも美のオーラは宿ります。智慧に満ちた言葉こそ美しいものです。智慧に満ちたとは仏神の慈悲にあふれる愛あふれ...続きを読む

志賀霧氷

2016/11/16 09:25:53 | 信仰 | コメント:0件

志賀高原一帯の高い山々が霧氷におおわれた。この肉の眼にはつかの間の美しさであり、輝きであるが確かにそこには永遠の美、永遠の今があらわれている。この無限遠点より流れ来る時間という名の美を感じた時は美を伴っているのだ!時間は神の愛という名の美。その時の中に生かされ生きる自分、神の愛をまとってきょうも美しく輝きたいものだ!その神の御名はエル・カンターレ永遠の輝き。。 志賀高原にて 2016年10月30日   画...続きを読む

命燃ゆ

2016/11/15 20:25:51 | D300 | コメント:0件

夕日に照らされていた山肌に暗闇が迫ってくる。今年はもう秋山郷とはお別れ。そんな思いにふけていた時、山が燃えだした。光と影の織りなす最高の時が動き出した。秋山郷の山々の命が燃えている。まるで火山の噴火のような光景だった。ここは命もゆる山なのだ。。 秋山郷にて 2016年10月30日   画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実...続きを読む

バイブレーション考

2016/11/14 21:20:18 | 芸術 | コメント:0件

昨日のジャズライブの動画を見ながら画像を調整していますがまさにアーチスト、霊肉一体のバイブレーションとなって迫ってきます。その波動を感じながら自分の魂、感性が共振するところまで画像を調整していきます。 日暮里支部精舎にて シンガー伊東典子 2016年11月13日  近日発刊予定 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現する...続きを読む

思い出

2016/11/13 21:00:58 | 人生 | コメント:0件

身体が自然と動きます。シャッターを切る時だけ動きを止めます。十九、二十歳のころ川崎まで通勤していましたが先輩にジャズ喫茶に連れて行ってもたったことを思い出しました。先日帰天した法友も日暮里での地上最後の思い出づくりになったのではないでしょうか。どうもありがとうございます。天上界からの援護射撃、よろしくお願いします。。 日暮里支部精舎にて 2016年11月13日  新発刊! 画像クリックで幸福の科学の公式サ...続きを読む

ジャズの光が流れる

2016/11/13 18:26:59 | 芸術 | コメント:0件

幸福の科学日暮里支部精舎は今年の11月で落慶十周年を迎えました。主への感謝、そして法友や地域の皆様への感謝のしるしとして本日13日、日暮里支部精舎で感謝式が執り行われました。その後、感謝祭としてミカンの詰め放題や書籍の献本とともに素敵なジャズミュージシャンをお迎えしてのライブ、軽食をいただきながらジャズライブを堪能しました。魂のバイブレーションを光の方向へと導いてくれる最高の一日でした。HSU(ハ...続きを読む

落慶十周年

2016/11/13 09:40:29 | 信仰 | コメント:0件

今から十年前の十一月三日に我が街、初転法輪の地に日暮里支部精舎が落慶しました。あれから十年、今日十三日に十周年落慶感謝祭を迎えることができました。今回は支部一階ででジャズライブを午前と午後との二回、地域への感謝企画、日暮里の地にジャズ音楽がながれます。主の光が愛の光となって歌声にのって広がっていきます。初転法輪の地、日暮里、信仰と繁栄の光の中心であれ! ...続きを読む

帰天式

2016/11/12 22:10:33 | 信仰 | コメント:0件

本日(12日)は法友の帰天式が日暮里支部精舎で行われました。参列しながら僕は120まで生きるので法友のほとんどを見送るのだなぁとおもっていました。この肉体はこの世で魂修行するための仮の姿、乗り物と分かっていても同じように肉体に宿る身として同じ姿が見えなくなるというのは悲しくもあり、寂しいものです。しかし、この悲しみを乗り越えていかないと人生は進まないのも真実です。人間である以上、誰もに与えられた人生...続きを読む

チャンスの女神とお友達になるためには

2016/11/11 19:00:56 | D300 | コメント:1件

僕はホームグランドというかフィールドを持っていません。東京生まれの東京育ち、今も生まれたところに住んでいます。こんな僕が山々にふれたのは二十歳ちょっと前から二十七歳までの期間、一年の休日のほとんどを山にあてていました。二十五でヨーロッパ遠征、二十七でヒマラヤ遠征、それ以降はピタッと山はやめました。ですから風景写真の経験はこの間の心のファィンダーでしかありません。実際は山登りの写真と山の淡彩スケッチ...続きを読む

心は滝にあらず

2016/11/11 08:50:15 | D300 | コメント:0件

昨年、山の上から見下ろした松川渓谷の上流部、その時のイメージが膨らみつづけ、今回は松川渓谷上流部の紅葉を見てみたい、撮ってみたいとやってきましたが上に上がるにしたがって山が白いにに気がつきました。霧氷です。途中、雷滝を撮るために車を降りたのですが山の上の霧氷にくぎ付け、もう滝どころではありませんでした。 松川渓谷・雷滝付近にて 2016年10月30日  近日発刊予定 画像クリックで幸福の科学の公式サイトに...続きを読む

プロ写真家の沈黙・・・XT2の背面液晶の黄色問題

2016/11/10 09:04:00 | Fuji FinePixS1 | コメント:1件

少し気になっていることがあります。フジのXT2の背面液晶の黄色問題、これ、プロの方はどんな風に考えているのでしょうか・・・。このカメラ、プロしか使わないわけでもあるまいし、テスターのプロ写真家さんたちが知らないわけないだろうし・・・いかし、いっこうにプロの方のコメントをネットで目にしません。(捜し方が悪いのかも知れません)背面液晶は何のためにあるのでしょうか、誰のための写真機なのでしょうか!?顧客...続きを読む

祝・トランプ米大統領誕生

2016/11/09 20:49:44 | 繁栄 | コメント:0件

幸福実現党、負けてられないです!! 今年の年初、1月の霊言  10月大統領選直前の霊言 アメリカ・ニューヨーク英語講演会「Freedom, Justice, and Happiness(自由、正義、そして幸福)」速報レポート イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「...続きを読む

無限遠点の眼

2016/11/09 09:16:28 | D300 | コメント:0件

僕の写真は風景の中からその中に散りばめられているたくさんの宝石から一部を切り取る作品が多いです。このときの注意するのは無限遠点の眼です。その風景が醸し出している雰囲気、それを念頭において大空を舞う鷹が地上の野兎を狩るようにレンズをとおして個々の美しさを見つめていきます。どんな光を感じるかが作品の始まりの部分にあります。。 松川渓谷にて 2016年10月30日  画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びま...続きを読む

宿探し

2016/11/08 21:28:27 | D300 | コメント:0件

雨の秋山郷、ブナの紅葉のあまりの美しさに時間も忘れ、昼ご飯も忘れすでに二時を回っていました。今回は土曜日だけということできていましたが僕は家族には一泊するかもしれないといっても出てきました。山の美しさと明日の天気が良くなることが分かったので残ることを早めに決め、宿探し、友人にネットで調べてもらい電話かけ、結局決まった宿が去年泊まったビジネスホテル、一泊4700円、朝食(トースト、コーヒー)付き、今...続きを読む

錦秋の谷を流れ行く

2016/11/08 09:15:16 | Fuji FinePixS1 | コメント:0件

同じ場所、同時刻でも人によって表現方法はいろいろあります。僕の場合は二つの表現方法がありました。この絵のように全体的に静かなる時を写す方法と静かなる時の中にあって動的な生命力を表現する、ここにおいてカメラの性能も問題になってきます。水の流れを一筋の白き流れにするならばシャッター速度を遅くして白き流れの濃度で表現を調整していきます。動的な場合はこの風景の中では水の流れしかその要素がないので(紅葉の色...続きを読む

四正道の一年・・・秋は必ずやってくる

2016/11/07 09:32:15 | 信仰 | コメント:0件

今年もすでに11月、日暮里支部落慶10周年、20日は四国生誕館落慶、23日は初転法輪記念日、26.27で生誕館巡礼、そして12月のエル・カンターレ祭、そうそう真理検定もまだ、12月の24日は母の一周忌、もう、この一年を振り返る時になってきました。どんな世界が心の中に出来上がっているのだろう・・・これからの一日一日が自分が作り上げた心の世界を知ることになる。。 秋山郷(栄村)にて 2016年10月29日  画像クリックで幸福...続きを読む

日本国道最高地点「渋峠」

2016/11/06 15:16:04 | Fuji FinePixS1 | コメント:0件

10月の15.16日訪問時の志賀高原、このときは二日間天気が良かったのですが全体的には紅葉にはまだ早かった感じでした。日本国道最高地点の渋峠まで足を延ばしましたが渋峠は記念写真を撮るライダーたちでにぎわっていました。彼らにとっては天気も良く、見晴らしもきいていて最高のライディング日和だったようですね。。 日本国道最高地点「渋峠」付近にて 2016年10月16日  画像クリックで幸福の科学の公式サイトに飛びます。...続きを読む

Wonderland of the red fairies・・赤い妖精たちの不思議の国

2016/11/06 09:54:51 | Fuji FinePixS1 | コメント:0件

小雨降る秋の秋山郷、車が上に行くに従ってそれはそれは素晴らしい色の世界があらわれてきました。まるでWonderland of the red fairies・・赤い妖精たちの不思議の国に招き入れられたような感覚でした。今年の紅葉は色乗りが最悪と言われていますがそれが幸いしました。雨に濡れた葉は深みのある色を浮かびだし、またコーティングされた雨水によって周りの赤をも映し出し、何とも言えない世界を作り出してくれていました。これも...続きを読む

TOKYO 2020 富の創造

2016/11/05 15:46:54 | D300 | コメント:0件

富の創造は仏神の御心、法則にかなっています。反対に富の縮小富の否定は仏神の御心、法則に反しています。秋山郷で見た秋の残照に赤く染まる山々の紅葉をみていると一本一本の木々が毎年成長し、山全体の繁栄をも支えていることがわかります。このブナの樹林は多くの生命を繁栄させています。また、山に降った雨は山に保水され、ブナの樹林自体がダム湖であり、ブナの樹一本一本が貯水塔でもあります。地球環境のバランスに大きな...続きを読む

レンズについた雨滴

2016/11/04 09:10:52 | D300 | コメント:2件

小雨の降る樹間、空の空間と雨に濡れている木々の葉をかすかに透過する光、いま、この場でしか撮れないシーンを与えられました。さあ、どうする、このシーンはレンズを上に向けなければ撮れない、レンズにはぽつりぽつりではあるが絶え間なく雨粒が降りてくる。全体に明るく飛ばしながらしっかりした色合いと雨の日のソフト観をだそう・・・そう考えがまとまったのであとは思いっきることだけ。前ボケもあるのだからレンズについた...続きを読む

お気に入りの場所

2016/11/03 21:18:12 | D300 | コメント:0件

この場所は落ち着きます。晴れでも雨でも、朝でも夕でも可能ならオールシーズンで撮ってみたい場所です。しかも時間をかけて。今回は雨の中での撮影、傘も持っていましたがどうしても撮りたいのが樹床から天に向かっての絵作り。今日は仰向けになれないのとレンズを上に向けると雨滴は入ってくる厳しい条件、もう水中写真と思って写り込む雨滴は気にしないで撮り始める。ただ一つ、レンズフィルターがあるとフィルターの内側に霜が...続きを読む

ティンカーベルの魔法の杖 その一

2016/11/02 08:54:35 | D300 | コメント:0件

越後湯沢から入った秋山郷は雨と深い霧の中にありました。しかし、この時点ではこれから見られるこの時期の美しき山の素顔をたくさん見ることになるとは想像もできませんでした。ただ一つ言えることはこの雨の秋山郷を選んで来たということ、これから起こるであろう異次元世界との交流にわくわく感が募っていました。 秋山郷(新潟側)にて 2016年10月29日  どこからが長野側だかよくわからないのですが友人より、布岩付近はも...続きを読む