かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2016年05月

アイディアが生まれる時

        普段は気にも留めないポジュションなのですが、こと祭りとなってこの窓の向こうを多くの人々が行きかい、それぞれが個性あるパフォーマンスを繰り広げる。今こうして絵にしてみると一つのアイディアが浮かんだ。それはタイムラグ。そして、シームレスにすることで時空間を表現できる。アイディアとして浮かんだときにはすでに無意識の中でインスピレーションのままにシャッターを切っていたという事実・・・・。こ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

二眼レフ考 その二

前回、次回は”異質な目”でみる「二眼レフ考」、写心、撮るということの奥にある大切なこと、”秘密”について書いていきたいと思います。‥‥で書き終えました。見る、撮る、作品化という順を取るわけですが、実は見る、撮る、作品化にはもう一つの目が必ずついて回ります。そうなんです、思いという部分がついて回る、隠れ潜んでいるのです。この部分は写真に限らず心に人間生活のすべてに思念エネルギーとしてあるということです。で...
Category 写真一般
  • Comment 0
  • Trackback 0

二眼レフ考

「二眼レフ」というタイトルに惹かれて訪れてくださりありがとうございます。あなたさまは二眼レフというと何が真っ先に頭に浮かんでくるでしょうか・・・カメラ本体でしょうか、カメラの構造でしょうか、ぼくは中古で買った二眼レフのスクリーンとフィルム撮像面の距離が微妙にずれていて苦労したのお覚えています。当時は機械的なことばかりで写真、写心といっても心とは何かが分かっていませんでした。ということで今回は”異質...
Category 写真一般
  • Comment 0
  • Trackback 0

もう一つの五月祭

本郷キャンパスは若い熱気でにぎわっていた夢と夢がぶつかり合うエネルギーのるつぼ化となっていました  2016年 三四郎池      そんな”動”とは別に”静かなる五月祭”が今年も三四郎池で行われていました静かではあるけれども 、とてもダイナミックなエネルギーは若者たちの活動を支える母なるエネルギー偉大なる光が今も存在し続けているあの安田講堂の時計塔を見上げるように遥かなる天空より降りそそいている光に向...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

『若冲展』と宗教的知性『悟り』

今日は三回目の『若冲展』、毎回見るたびに感じたことと、次に新しい視点をもってまた見るで三回になってしまいました。でも今回は今日で打ち止めです。   館内に入って会場入り口までの間にある現代のデジタル画映像    いやぁ、それにしてもいまさらながらマスメディアの力の恐さを知らされています。今日は三回目で入室まで四時間近く、一回目が二時間、二回目が三時間待ちでした。この混雑度はますますヒートアップ、マ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

”美”と「ユマニチュード」

        最近、「ユマニチュード」なるものを知り、なぜ、今の自分に「ユマニチュード」なのかを考えています。芸術、美、写真、美のオーラ、結界、手話、自由、母の介護・・・すべてがばらばらのようですが時系列がはっきりしています。そして今、一つのるつぼの中に入れられ溶け合っていこうとしています。ここから導き出されるものは何だろうか・・・・・すごく関心、興味があります。どんな風に結晶化されてくるのだろ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

『若冲展』と仏国土ユートピア建設への思い

        『若冲展』を観終わって今思うことがあります。若冲画師はこの作品群によって感性を通して時空を超えて現代人とのこころの交流をはじめています。それは、私たちの精神性(仏性)にまで働きかけてきます。この”未来人”との交流という視点があったからこそ、若冲は表現者のワールド、思いの世界、思想性の大切さに気付いていた。当時の時代背景をあらためて見るにつけ、、若冲は画師が生きた時代、幕府の政治の腐敗...
Category 心象
  • Comment 0
  • Trackback 0

ユマニチュード

 リコーのTERTA S 太陽に二つあるレンズを横にしたら素子の汚れが映りました。人の心の中もいろいろな角度から光を当てれば問題点が浮かんできます, 感謝    こんにちは!今回は「ユマニチュード」についてのお話です。みなさんはこの「ユマニチュード」なるもの知っておられますか!いや、むしろ、僕がここに書くのを”遅い!”と思われる方がほとんどかも知れませんね!そんな、恥を忍んで?書き進めています。「ユ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

動きもの、止まりもの

一枚の絵の中に「動」と「静」、この二つを同時にバランスよく使ってこそ、動きも、静かさも表現できます。動きものの場合はその絵の中に必ず”静”をどこかに配置し、止まりものの場合は視線の流れる先に”動”を感じさせるものを置く、写真で表現できるか難しいですがなんとかスキルとして身に着けたいと思っています。。         イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ...
Category 写真一般
  • Comment 0
  • Trackback 0

美の持つ力

美は光そのものです。創造主の光のエネルギーが美として現れているものではないでしょうか。人の心には仏性というものがあります。仏性とは仏の性質とかいてあるように創造主の思いで作られた私たち生命体、人間の本質、魂の性質です。それは神ご自身の思念、エネルギーが解放され、個性化、魂化した霊的エネルギーです。これを宇宙樹とか生命の大樹という表現で説明されることもあります。ですからわたくしたち人間には魂の親、創...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

『若冲の霊言』・・・・

この「若冲展」での圧巻は釈迦三尊図を中心に据えて左右に左に十五幅、右に十六幅という圧巻の展示方法である。まさに仏の教えを中心とした世界観、この世の理想の姿が現わされており、絵を見る観客を若冲の世界に引き入れていく、それが意図的かどうかはわかりませんが”それ”を可能とする神がかった作品群であります。まず、この展示方法には頭が下がりました。  脱帽です!         で、本質部分なのですが拝観中に宗...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

「若冲展」観てきました。

昨日、混雑でくじかれた「若冲展」、どうしても行かなければならない!本物を見なければならない!昨日書いたブログ記事が本心であるならば必ず若冲画師の精神が息づいている、必ず、何らかのインスピレーションをいただける・・・そう強く思い、朝八時ちょっとすぎに出かけました。都美術館に早めにつきましたが開場一時間前というのに二百人くらい並んでいました。それも前売りを持っている人で僕みたいな当日券待ちはそんなにい...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

創造力に思う

またまた大好きな相原正明氏のブログからの言葉です。「写真はあくまで現場の光と影と時と遊ぶ趣味でありアートだと僕は思う。」そう思いますし、とても大切なことだと思います。ありがたいことに、いつも勉強になります。僕は氏の名言をヒントにプラスアルファを考えてみました。それはあの世という視点です。あの世というのは心の世界、魂の世界です。精神性の世界です。この世に生きる人がいくら信じまいが厳然とある世界です。...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

生誕300年記念 若冲展に行ってみたら

 5月4日 上野東照宮ぼたん園      上野の都美術館に『生誕300年記念 若冲展』行ってきました・・・というか開館前でしたが美術館の周りは 若冲展の人、人で埋まっていました。         待ち時間二時間、今日はあきらめて図録だけ購入、こちらは二番で買えました。 ^_^;         この爆発的な人気、どうしてでしょうか・・・。僕は「千載具眼の徒を俟つ」に心ひかれています。1000年後の人と言いま...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

才能を愛する

神様から創造されたとき、神様の思い、理念、愛として個性の輝き、永遠の発展繁栄性を神の遺伝子として埋め込まれている人間の魂が永遠の時間、空間の中で魂を磨き続けた過程の結果が現時点の才能として現れているのだと・・・・・そんなふうに思えるのです。今人生でも魂を磨き、さらに才能を開花し、愛することによって才能はさらなる高みに、そして、別次元に変化、神さまの愛へと昇華していくのではないでしょうか。この寝姿、...
Category 人生
  • Comment 0
  • Trackback 0

変える

フェイスブックからの学びです。「言い方を変えると世界は違って見える」・・・とても大事な一文ですね!目から鱗ですよね。。。僕はこれに見方、考え方、思いをプラスしてこの記事を書いてみようと思っています。         分かっていましたがv映像って力がありますね!ということはわたくしたちの一言一言、その立ち振る舞いを映像として常に自己確認することが大事ですね。誰かが見ていて避けて通ることもあれば、集ま...
Category 政治
  • Comment 0
  • Trackback 0