かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2016年04月

写真は引き算

世界の美術館が収蔵したり、世界的な巡回写真展、あるいは名作と呼ばれる写真は、意外とモノクロが多い。それは色がある現実から、余分なものすべてをそぎ落とし、光と影だけで表現するモノクロームのほうが、心に残るからかもしれない。写真は引き算とも呼ばれる。余分なものをそぎ落とし、最後色さえもそぎ落としたとき、心の中に一瞬光輝いたシーンをプリントにして残せるのかもしれない。・・・写真家・相原正明のつれづれフォ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

箱根精舎に集められる

先日の記事で箱根精舎に僕の作品二点が五月から一年間、二次展示になったと書かせていただきましたがその中で北信濃の友人のことを書かせていただきましたが彼の作品も箱根精舎に呼ばれていました。  2016年2月27日  箱根精舎にて   そして、なんと!なんと!僕の妹の作品も箱根精舎に呼ばれました!!ウ、ウ、ウ・・・・・こんなことってあるのだろうか・・・・・どんな意味があるのだろうか。。イメージングこそ、あ...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

与えきりの世界

私たち人間は与えきりの世界の中で生かされています。健康な人も、病人も、悪人も、善人も、悪魔も天使も永遠の生命として存在ができる、できているということは神の心の中に生きている、生かされているということではないでしょうか。ならば、今自分に、自分の周りに起きていることは神様の、主の大いなる恵みのの思念、エネルギーの中で起きていることであり、まして、この世の出来事はすべては過ぎ去っていくもの、苦しみも悲し...
Category 人生
  • Comment 0
  • Trackback 0

すべては過ぎ去る

一昨年、志賀高原の高天原で出会えたシーンです。僕にとっては奇跡としか言えない絵作りになりました。実はこの写真も今年の真理芸術祭に応募したのですが落選しました。  2014年10月 志賀高原・高天原にて   落選はしましたけれどもたくさんのものを得ることができました。それはこの写真のタイトルをつけるにあたってのものでした。写真の場所が高天原、そして、茜色の空と弓月、これらに共通するのは日本の神々様で...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

箱根精舎に二次展示が決まりました。

昨年の文化芸術祭に入選し、日光精舎に展示されている作品二点が五月から一年間、箱根精舎での二次展示を許されました。箱根は美術館も多く、僕の大好きな成川美術館もあります。そのような芸術の地で神様の聖地、箱根精舎に展示させていただけることを光栄に思います。ありがたいことです。      感謝  2016年4月 浜離宮庭園にて   イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

さくら草のティンカー・ベル

物事に偶然はないすべての出会いが神仕組みです春の美の祭典の後、立ち寄ったときに出会いました。     行きにも立ち寄ったのですが違うアングルから撮りたくてもう一度立ち寄り、カメラを構えていた時、心のファインダーに入ってきました。視点によっては微妙なプライバシーが発生するかもしれませんが顔が映らないことを願いながらシャッターを押しました。「物事に偶然はない。すべての出会いが神仕組みです」わたくしたち...
Category 
  • Comment 0
  • Trackback 0

美と自由・・・有限の世界に生きて永遠を選ぶ

有限の世界に生きて永遠を選ぶ・・・この一言だと思います。神様からいただいた魂修行のための乗り船、肉体、これを維持成長していかねば魂修行も神の理想をこの地上に実現することもままなりません。この地上で生き抜くために神の心、神の子の心、神様に向かっていく永遠の生命、永遠性を見失ったら魂の停滞、死です。この地上世界、三次元世界は神様の思いによって存在しています。神様のわたくしたち人間、宇宙生命に対する「我...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

大いなる恵み

    今夕、応募していた芸術際の一次審査通過の通知が届きました。四点応募したのですがこちらの一点が通過でした。あとは作品搬入後の二次審査に合格しなければ精舎での一年間展示にはなりません。今日仕事から帰ってきたときは郵便物がまだ配達されていなかったのでもう時間的にプリント出力、額装は間に合わないからとあきらめていましたら夕方郵便配達のバイクが止まったのでもしかしたらとポストをのぞいたら入っていまし...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

内なる美の発見

昨日の東京正心館での「春の美の祭典」行ってきました。また「美のオーラを宿す祈り」祈願も受けさせていただきました。講師のお話は「神の美を求めて」ということについてのお話でした。内容は自身がまだお話の内容を昇華できていないので書けませんが一つだけ、美の法門から見た僕にとっての新しい発見がありました。それは「自らの中にある美の概念を見つける」ということでした。自分の中にある美しいと思われる個性の輝きは何...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

大死一番経

 この写真は日光精舎とは関係ありません。    日光精舎で祈願をしてきた子供たちからの話です。集合祈願で大死一番経の祈願をされる方と一緒になったそうです。導師の一喝、生きんとするならばまず死ね!喝!!で導師のわきに大男が現れたそうです。身の丈は2メートルくらいで全身黄金で大きな黄金の羽を持っていたそうです。ギリシャ風でヘラクレスのようで黄金の鎧鎧を身に着け、黄金の長い大きな刀で横並びで並んでいた祈...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

シャッター音

今日はある友人から記事タイトルをインスピレーションとしていただきました。「シャッター音」で何か書いてごらん!・・・と、まず、シャター音がするということは記録した、行為、実行、実践した…その他にもいろいろあると思いますが、自分の心を記録した、本心、本音の部分を解放したということではないでしょうか。この世というものはなかなか本音だけでは付き合いにくい世界でもあると思います。というかいろいろな思いが集ま...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

美のオーラを宿すための祈り

明日は東京正心館での春の美の祭典で祈願を受けてきます。天上界の美、神様の世界の美を知るためには瞑想がいいと言われていますがその瞑想ができません。ならば、この祈願でわが魂に美のオーラを宿していただいて魂でつかむしかありません。といってもストレートにストンと来るか、段階を経て導かれながらつかんでいくコースかは美紳のみぞ知る・・・ということでしょうか。希望は美紳アフロディーテ様の美の思念とつながりたいで...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

九州の地震には神の神意があるand建物倒壊による建築設計の見直し

九州は大変なことになっています。ある意味で東日本の大地震と同じような事態だと思います。同じ肉身を持った人として苦しみ、悲しみに心痛め、乗り越えていってくださることを祈るとともに今自分ができることを考え、この記事を書いています。僕の所属している幸福の科学、この創始者、総裁であられる大川先生より『熊本震度7の地震の神意と警告』という「日本の意思の神」の霊言本が緊急発刊されました。この元になった霊言『熊...
Category 政治
  • Comment 0
  • Trackback 0

手話講習会

夫婦で申し込んでいた区の手話講習会初級の受講決定の通知がきました。しかも、なんと、なんと夫婦で受講出来ることになりました。僕は十年位前に独学で勉強していたのですが挫折しました。今回は奥さんが案内を持ってきて二人で勉強できれば夫婦の会話を手話練習にすることで覚えることができると思い二人で応募したわけです。抽選なので二人とも受講なんてラッキーです。五月から一年間、毎週月曜日の夜、受講ですが中学時代が戻...
Category 人生
  • Comment 0
  • Trackback 0

武蔵野の雑木林にて

カタクリの撮影とともにもう一つの楽しみがありました。それは雑木林の芽吹きを見ることでした。しかし、時すでに遅し、       武蔵野の雑木林はもう新緑の中にありました。今回は残念ながら新芽が芽吹いた萌黄色の世界には間に合いませんでした。でもこの新緑には深い思い出があります。ヒマラヤ遠征で遭難者を出し、登山をあきらめて下山の途中、村々が新緑の中にありました。その時に緑が人間にとって大切な色であること...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

気がつけば

まる十年のこのブログ、気がつけば今回が2199回目の記事、書くことが浮かんでこなくて写真だけUPしたり、月に数回しか記事が書けなかったりとか、そんなときもありましたがここまで来ました。おかげさまで文章力も写真撮影のスキルもだいぶ向上してきました。僕の夢は天上界の菩薩界の画家さんの指導を受けることです。菩薩界の絵描きさんがもし現代に生まれ、カメラを手にしたとしたらどんな絵作りをするのだろうか、仏の慈...
Category 芸術
  • Comment 0
  • Trackback 0

無題

散り際の美しさ・・・・     イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られてい...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

繁栄のイメージ

一本の木にこれだけの花を咲かせる。いやあ、素晴らしいです!繁栄の姿そのものです。      イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

構図取りの先生

桜の花の写真撮影はとても構図取りの勉強になります。一本のさくらから無限の心象カットが生まれます。       イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される思念は、必ずや実現するものだ。『心の指針 17 イメージングの力』 より                  慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

新しいパソコンと「ラムセスⅡ世の霊言」

昨朝、インターネットがつながらなくなりました。ついにXPのサービス終了の時な来てしまったのでした。最初はそれに気付かずあれやこれやとやっていたのですが息子に聞いたらサービス終了!もう見られないよと言われる・・・・・。さいわい、一か月くらい前に性能のいい新しいパソコンを購入していたので息子にセットしてもらいログイン設定とかでやっと夜遅く(11時45分)になんとかブログ回線につなぐことができました。 ...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

祝・ご巡錫6周年

2010年4月4日・・・6年前の今日、初転法輪記念館に主がご巡錫されました。     昨日、一日早いですが新宿のE講師をお招きし、感謝式典が開催されました。私も日暮里の法友の皆さま方ともに参加させたいただきました。写真をUPといくところなのですがドジりました。フイルムカメラで撮ってしまい、デジタルがないのです・・・・ということで本日急遽仕事帰りにiPodで撮りました。(昨日撮っていればよかったんですが...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

祝・十年目!信仰者としての表現者

本日、4日でこの「かめぱぱの心のファインダー」も丸十年を迎えました。たった一つの言葉を信じてここまで来ました・・・・。今日は自分へのお祝いです。どんなに写真がへたでもどんなにおかしなことを書いていても自分を信じ、自分の内なる強い思いに従ってここまで来ました。これからもそうだと思います。十年目最初の『かめぱぱの心のファインダー』を記しておきたいと思います。まず、写真の説明です。季節は昨年の初冬、場所...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

神様の世界の表現者としての 写真家・相原正明氏

写真家の相原正明氏が映画を製作されるそうです。↓写真家・相原正明のつれづれフォトブログ 相原正明 監督 映画 Earthrait を制作します 相原氏はものすごくエネルギッシュな方で精神性も高い写真家さんで世の中にも認められており、影響力を与えられる存在のお一人だと思っています。氏はプロ中のプロですから興行的にも成功を目指されていることだと思います。多分成功されるのではとも思っています。僕はその氏の映画製作...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

「美のオーラを・・」 開かれたドアー

今月の17日に幸福の科学の東京正心館で「春の美の祭典」があり、その時、美のオーラを宿す祈り祈願を受けます。僕の写真の根本はエル・カンターレ信仰にありますから、自分の仏性に、また、自分の作品を縁として観てくださる方の仏性にも美が宿りますよう願っていましたのでありがたいことです。  4月1日  台東区山谷掘り公園にて  Nikon D300   「美のオーラ・・・」は今回にはじまったことではありませんが...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

桜満開

昨日の暖かさで都心の桜は一気に鼻咲きそろいましたね!もう、満開!! なんでこんなにうれしいのだろうか。この地球がこの日本が、みんなの心の世界がこの満開の桜の花のように仏の光で溢れるようにしたい!そんな思いを持って写真表現に精進したいと思っています。この地球という存在、そこ生きるすべての生きとし生けるもの、その奥に仏の慈悲なる愛の存在を宿した創作活動をしていくのがエルカンターレ芸術。すべての写真家、...
Category 樹木
  • Comment 0
  • Trackback 0