かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2016年02月

人生の三寒四温

体調を崩して何もする気がなかったのですが健康倍増祈願やら祈願のおかげで体調も戻ってきました。母の介護で知ってか知らずか溜め込んでいた心の毒気もなくなったようです。この時期、三寒四温で今朝起きたらご近所の屋根に雪がうっすらと積もっていました。こうして新たしいい季節、春がやってくるのですが、僕のこころも新しい季節を迎える準備が出来つつあります。いまは無地の心???どんなデザインを書き込んでいるんでしょ...
Category 人生
  • Comment 0
  • Trackback 0

春を求めて

13日に母の納骨を終えてから一気に気が緩み、体調を崩してしまいました。なんとか今週中に元に戻し、週末には奥信濃の友人と伊豆へ春を求めに行ってきます。こんかいはなんと当方のわがままで奥さん同行でお願いしました。お母さんの撮る写真を見るのが楽しみでもあります。・・・純粋な撮る喜びを学べます。  2月21日  田端八幡神社にて FinePixS1     イメージングこそ、あなたの未来の設計図。繰り返し発射される...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

光と影

十字架を入れた構図はやはり、光と影におもみを持たします。キリスト的に言えば天国と地獄、罪の子人間の思想になりますが僕のメインテーマは光の子人間と光の存在です。光の存在を理解するためには影としての闇の存在は不可欠です。天上界は光の世界、しかもその光の世界も階層があり、その人の心の状態、霊格によって棲みわかれているそうです。ということはその霊人が認識している光の世界と圧倒的にまぶしい光の存在、そして下...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

光の存在

どうやら人には大きく分けて二つの傾向性に分かれるようです。それはポジテブな人とネガティブな人・・・そんなの今さらだよ!と思われるかもしれませんがえっ、あの人が・・・という時があるんですね!で、何を思ったかというとこの世ではネガティブなことっていうことは相対の中で起きている事象、現象なんですんね!けっして、実在ではありません!本来は光のみ実在!なんですがその光の存在がこの世の姿を浮かび上がらせている...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

時代の記録者、表現者としての写真家

すべての存在、造形物、記録、写真にはその人の思いがそのものの奥に広がっているという真実です。仏教的に言えばその人の悟りの世界が現われている、広がっている、記録されているということです。神様の創られたこの世界は波長同則という法則が働いており、私たちこの世の人間のこころもあの世のどこかの世界と通じています。この世は神様の創られた世界だし、私たち人間はあの世の天国、実在の世界からこの世にたかだか百年くら...
Category 写真一般
  • Comment 0
  • Trackback 0

事実の奥の真実を写し撮る

写真の大きな役割、写真家の大きな使命として歴史を記録する、事実を写し撮る・・・そんな伝える、伝えたい、後世に残していきたいという情熱があると思います。その情熱によって、機材、ソフトは進化してきました。写真家のスキルも日々向上しています。こころの向上にも目が向けられています。ですが、ただ一点のことがいまだわからない人が多すぎます。大切な仕事をしている時代の記録びと、写真家の多く方々にも言えることです...
Category 写真一般
  • Comment 0
  • Trackback 0