かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2014年11月

地球がすっぽり入る太陽の黒点

FinePixS111月29日の天気(東京台東区)はおもしろい天気状況になりました。ちょうど霧状雲の感じ、ラテン語でネブロサスというそうです。この屋上から何度となく太陽の黒点撮りにチャレンジしていたのですがFinePixS1の持っている性能では(シャッタースピード2000分の1、F値11)ではほとんど無理です。 が、しかしですきょうのネブロサスは奇跡をもたらしてくれました・・・・・。それは天然の大フィルターを太陽にかけ...
Category 天気
  • Comment 0
  • Trackback 0

スカイツリーとネブロサス・・・信仰の壁を越えて

FinePixS1休憩時間にふと窓に目をやると西日を浴びたスカイツリーが雲の中にうっすらと浮き上がっていた。ご飯を途中でやめ、急いでカメラを持って屋上へ、屋上に出た時のスカイツリーは雲の中でした。それでもじっとチャンス到来を待ちお地蔵さんになって時間との戦い・・・・・。雲の流れを読み、じっと待ちかまえている。こんな撮影スタイルは何度となく経験しているのでただただいい絵の到来を待つ。S1はマニュアルフォーカス...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

聖なる時の中で

FinePixS1写真撮影では撮り終えて現像、編集の時に初めて気がつくこともあります。夕闇が紅葉の山肌を少しずつ埋め千変万化する風景の中でまだ日があたっている部分との対比で聖なる空間を意識してみた。肉眼ではわからなかったものがス-パーロングの世界には写っていた。そう、夕闇に覆われる山肌に一本の道路が通っていたのだ。今日、ぼくたちはあの道を通ったのだろうか・・・・そうなんだ、僕たちは秋山郷の原生林のなかでは...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

政界に紅葉万華の世界を! 幸福実現党を応援しよう!!

FinePixS1秋山郷のお気に入りの場所での撮影、寝転んで見上げる世界はまさに紅葉万華の世界。この場所は一日いても通年(冬は無理かもしれませんが)いてもあきないところ、霊的エネルギー交流の場所・・・。今度の衆院選でも幸福実現党を国政に誕生させ、政界に幸福万華の世界を出現させ永田町から狸、狐を追いだしたいと強く思っています。幸福実現党大応援です!!消費税8%の世界、ついに子供たちが10円で買えた駄菓子の世...
Category 政治
  • Comment 0
  • Trackback 0

28年の時空を超えて

       FinePixS128年前、僕はまだここにいなかったまだ師を求めての求道のさなかだった感度が悪かったといえばそうであっただが28年後の今日同じ時間記念館の窓越しに同じ光が射しているここでこの時間に主は初転法輪されたのだそして、今日も新たな法輪を廻された主エル・カンターレの理想実現への道はただただ主の挙げられる白き手についていくのみ信仰こそが唯一...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

初転法輪

主エル・カンターレ大川隆法総裁先生は1986年11月23日、この日暮里の地で偉大なる第一歩を印されました。人類幸福化、一切衆生救済の法輪が転ぜられたのでした。また本日は主エル・カンターレ大川隆法総裁先生より、ありがたい御法話を賜ることになっています。本会場は別ですがこの初転法輪記念館でその説法を拝聴できること、感謝でいっぱいです。私たちの心に転ぜられた法輪の灯は日々の中で強くなることも弱弱しく、か...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

11月22日・・思いこそすべて

あの世は思いが100パーセントの世界、しかし、この地上界は色々な思いがごった混ぜになっている世界。自分の思いどおりにはなかなかいかないものですね、しかし、あの世のキャンバスには自分の思った、思っている絵が描き続けられています。大切なのはどういう思いを持ち続けることができるかということです。霊的人生観とは自分の思い中心ではなく、常に主の思いに合わせせようとし続けることです。だからこの世は魂修行の場な...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

待望の宙玉(そらたま)レンズ

今度ガラス製の宙玉レンズが出るそうです。もちろん即購入です!元祖・上原ゼンジによる光学ガラス製の宙玉レンズ慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You ...
  • Comment 0
  • Trackback 0

残照  紅葉の秋山郷にて

静寂なる時間の中で時の動きと一体となる。秋山郷というよりも地球と僕とが一体となる。そんなゆったりとした時の流れの中で秋山郷に夜の闇が迫って来ているが僕の心は至福の時でいっぱいになっっていく。スーパーロングでの世界は一本一本の木々との心の対話の時間を与えれくれた。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほ...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

感謝 僕の撮りたかった秋山郷の紅葉

前回の時は天気があまり良くなくてダメでしたが今回は僕の撮りたかった秋山郷が撮れました。これも天の計らいと良き真理写真家の友のおかげです。また快く送り出してくれた家族のおかげでもあります。それとカメラでもあります。FinePixS1は僕の心にマッチしたカメラであったわけです。本当に色々な事に恵まれて楽しいひと時を味わうことができました。今こうして記事を書いているわけですが感謝の気持ちでいっぱいです。この一枚...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

紅葉を切り取る  布岩

切り取る場所構図の取り方構図を決めて切り取ったわけですけれども撮った後での微調整・・・空の部分をどう処理するか・・・。ちょっと左上部の赤がうるさいかも、ぎりぎりまでトリミングして赤い部分を少なくするか、思い切って上部の稜線部分を切り取ってしまう・・・まったく違う感じの絵にはなりますが・・・・・。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あ...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

エル・カンターレが見られた地球

FinePixS1を購入したもう一つの理由、宙(そら)玉写真が撮れる事でしたがやっと調整が出来ました。キャノンのコンデジpawerShotとは絵作りがちょっと違います。S1での調整はスーパーマクロに設定し、手造りの宙(そら)玉レンズ鏡等筒の長さを決めていきます。70センチくらいでしょうか、筒はチップスターとプリングレスを重ね合わしました。キャノンの方がぼくにとっては味というかイメージに近い絵を出してくれますのでS1では...
  • Comment 0
  • Trackback 0

太陽の惑星

NDフィルターがないとダメですね!それでもこのコンデジで作品作りが出来ることは証明ですね・・・・。この地球の未来を太陽はどう願っているのでしょうか!?愛の星地球、エル・カンターレの星地球、エル・カンターレ人類のゆりかご地球、神への信仰なくして愛の星地球の声は聞こえてこない!僕たちの魂の親、エル・カンターレの声をはじいているのが現代の地球人、地球人類の平和、大調和への真理の光は一つである。その一条の光...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

紅葉の秋山郷布岩とロッククライミング

布岩での紅葉撮影を終えて移動しはじめましたが路肩に車を止めて布岩を眺めている人がおり、ロケーションもいい所なので僕らも止めて降り、写真を撮り始めたのですが、先におられた方が人が登っているんだよといわれ、よく見るといましたいました。布岩は柱状節理の垂直な岸壁なのでクッラク(岩の割れ目)の登攀が楽しめるところですね。ヨーロッパアルプスではこういう場所が数百メートルの高さの位置にあるので本格的なロックク...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋山郷布岩にて

慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッピー?   ...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

FinePixS1で千客万来!商売繁盛!浅草酉の市

10日、浅草酉の市、竜泉の鷲神社での一の酉に仕事帰りに寄ってみました。国際通りでの夜店の出店禁止もあって参拝客、観光客も少なくなってきましたがそれでも参拝者は長蛇の列、おうちのお店のお得意様も熊手売りのお店や夜店をここで出されています。千客万来!商売繁盛!庶民の願いでもあります。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

未来の写真家たち

ニコンのD300は今でも気に入っているのですが高感度は苦手です。今回購入したFinePixS1の高感度、この価格でこの写りならば文句はないと思っています。デジカメの感度特性は日に日に良くなっていますが撮り手(受け手)である僕のこころの感度アップがなされないと機械(カメラ)に使われてしまいます。撮るという行為、被写体の写し込み(模倣)には別次元のものが働きます。必ずプラスマイナスが働いています。私たちの心の思い...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋山郷 布岩遠望

良い友に恵まれてありがたいです。今回の紅葉狩りではポイントポイントを押さえてくださっておられるので撮ることに集中できました。この後、布岩のまじかまで連れてってもらいましたがそこに一日、日の動きに合わせていても飽きない所ですね。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

じっと見つめていると

蛇淵滝に行く駐車場に置かれているブナの巨木。じっと見つめていると心に語りかけるものあり・・・。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋山郷・蛇淵の滝

秋山郷では道中、蛇淵の滝に案内してもらいました。ここは結構観光客が来られます。滝自体はあまり写真の対象にはなりませんでしたがいくまでの尾根道が僕にとっては収穫でした。モノクロでは真理写真家を構図に取り込ませていただきました。この樹は枯れてもその存在感を示しています。立ち枯れ・・・朽ちていないということはそこに神の無限のエネルギーが意思を持ってここにあるということです。。慈悲とは、実は、「世界観の転...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

秋山郷で党首に出会う

車で移動中、幸福実現党の釈党首のポスターを発見!驚きとうれしさとともに貼られた新潟の方々の熱意が伝わってきます。釈党首のポスターとの出会いは心の状態を数ランクも上げていただくことになりました。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

富士のお山

日暮里の富士見坂に続いてまた富士のお山の見える風景がなくなります。 (FinePixS1 1200ミリ相当)幸福の科学大学の不認可がなされまましたが純粋なる大学審査結果ではなく、政治、政局がらみのとても世界から見ても考えられないような判断がなされたようです。こんなことがあっていいのでしょうか!?これでは中国の宗教弾圧、キリスト教信者の弾圧と変わりありません。宗教学、宗教そのもの否定する無神論国家には人類の...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

一期一会だからこそ

写真を撮っている人たちは一期一会を強く感じていると思います。だからこそ、良いカメラで撮り残しておきたい・・・と思う人も多いと思います。僕もその一人です。が、しかしです。現実の世界では生々流転、諸行無常の世界で一切のものが無常の風に乗って消え去っていきます。このカメラに収めた時も流れ去ってしまいます。しかしこの消えゆく一瞬の時の姿の中に永遠に消えることのないものがあることも事実です。この永遠性を表現...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

S1で月を撮る

いやぁ、楽しいです!僕は小学生のころ、自作の天体望遠鏡で月を見たり、木星や、土星、星雲や星団を観察していました。またたしかそのころ出ていた月の地図なんかも見ていたような記憶があります。ですからこのS1で見えるスーパーロングの世界は大満足です。なにごとも楽しいということが基本ですね。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

栄枯盛衰 錦秋の宴

これより先平家びとの里秋山郷、そんなメッセージを受けたような感じをうけ車を止めてもらいました。きっとこの場所は秋山郷の結界の一つでしょうか。平家びとの遠く離れた都での栄華への思いが錦秋の宴となっている・・・そんなスピリチュアルさを感じる絵との出会いでした。風景と一体となる、その被写体と一体となる・・・そのためにはその風景なり、被写体の奥に続いている仏神の世界とのコンタクトが重要です。仏教的に言う、...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

モノクロ

秋山郷の入り口付近の道路端の雑草、その造形美にこころがうごく、モノクロでしか表現できない美しさがある。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Ha...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0

美人林にて

FUjiのスーパーロングコンデジFinePixS1 、これ一台でスーパーマクロから超望遠1200ミリまでこなせるという。今回の二日間の使用でこのカメラの癖みたいなのをつかみましたので自分のスタイルには合格のカメラとなりました。被写体そのものや撮影方法、撮影環境によってはPやA、S、を変えてやらないと露出不足やその反対の過多にすぐ転んでしまいます。今回はS、シャッター速度優先を基本において撮っていました。露出補正のボ...
Category Fuji FinePixS1
  • Comment 0
  • Trackback 0