かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2014年06月

エル・カンターレ文明の源流

17日の夜、支部にて経巻拝受させていただきました。光の結集がエル・カンターレ文明の源流になっていくのです。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are Yo...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

エル・カンターレの星

この時期は空がはっきりしていて思いもよらない絵が撮れます。光ある青き地球、愛の星地球のイメージを心の中の宇宙に追い続けています。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界...
  • Comment 0
  • Trackback 0

母近況

朝食時ラストのエンシュアで薬を飲んでいる母に笑いのポーズをお願い、パチリ!目は見えませんが元気です。排便も毎日ではありませんが自然排便、薬の世話にはなっていません。今のんでる薬は造血剤、高血圧の薬ともう一つ降圧剤、それしか飲んでいません。・・・・それと緑内障の眼薬、不思議ですが今はそれ以外の薬は処方されていません。これから熱い季節なので熱中症やクーラーの効きすぎに注意して夏を乗り切っていきます。あ...
Category 介護
  • Comment 0
  • Trackback 0

芸術一家

姪っ子の入選作品を観に行くと妹に連絡したら妹の作品も二点入選した事を聞かされました。親子での同時展示、うれしい限りです。(上二点が妹の作品、下が姪っ子の作品です。)慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界とし...
Category パステル画
  • Comment 0
  • Trackback 0

梅雨入り

東京は今日梅雨入りしたようです。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッピー?   ◇心の指針108「道を求...
Category 未分類
  • Comment 0
  • Trackback 0

笑顔作りの練習

母と夫婦に間違えられてしまいます・・・・慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッピー?   ◇心の指針108...
Category 介護
  • Comment 0
  • Trackback 0