かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2014年05月

お母さんと呼ばれたい

久しぶりに月末と月始めが連休、今日は東京正心館に出かけようとしたら娘達が用事があって出かけるとのことでストップ、母と二人で留守番です。久しぶりにゆっくりとお話ができました。母はいつも「おばぁちゃん」と呼ばれていますが息子の私には「お母さん」と呼んでもらいたいことがわかりました。それで「おかあさん!」と呼ぶと、うれしさ半分、はずかしさ半分のかわいい表情をします。人は呼ばれ方一つでこころをより幸福感で...
Category 介護
  • Comment 0
  • Trackback 0

ブルーインパルス、東京上空にて飛行

昨日、今日都心上空にブルーインパルスが飛びました。いろんな憶測がネットに飛び交いましたが実際は『SAYONARA国立競技場FINAL “FOR THE FUTURE”』のイベント飛行とのことでした。東京オリンピックの時(当時中学生)以来のことで昨日今日の二日間、デモ飛行を見られラッキーでした。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほ...
Category FinePix F31fd
  • Comment 0
  • Trackback 0

天の声「写真はどうしたの?」に答える

プロ写真家の相原さんのブログを見ていたら「写真はどうしたの?」といタイトルの記事がありました。書かれている記事の内容ももさすがプロ・・・でありながらも未来へのプロ写真家への愛を感じました。で、僕ですが「異次元パワーを得るための祈り」のなかではプロ真理写真家としての道も書きましたが今は支部活動に集中しています。自身の信念、信仰心に基づいてインスピレーション形の日々を過ごしています。「異次元パワーを得...
Category 写真一般
  • Comment 2
  • Trackback 0

ゲリラ雲

おとといのゲリラ気象の正体。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッピー?   ◇心の指針108「道を求めて...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

宙(そら)玉レンズの世界

昨日は一日中、突然天気の急変するゲリラ気象でした。東京日暮里では午後の七時頃から雷雨になりました。ちょうど支部にいたのですが帰れず一時間ぐらいおじゃましました。おかげさまで光をいっぱいいただきました・・・・・。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるた...
  • Comment 0
  • Trackback 0

今は幸福だよ!

昨日は母から嬉しい贈り物をいただきました。何かといいますと仕事を終えて帰って来てから母と話していると「昔は大変だったけれど今は幸福だよ!」と言ってくれました。幸福の科学では『愛とは与える愛の事です』と教えていただいていますが、介護というのは本当に『与える愛」』に立っていなければその人の人生を幸せな生涯にさせていただくことはないです。母の介護は家族が与える愛の実践行をさせていただいているわけですが母か...
Category 介護
  • Comment 0
  • Trackback 0

信仰と愛

今日は支部で五月研修参加と午後からは初級セミナーの講師をさせていただきました。セミナーは第一回の「信仰と愛」について学びを深めていただくんですがお話が盛り上がって最初の組み立て通りにはいかずちょっとハラハラドキドキ、それでもなんとか着地し、二回目もよろしくお願いしますと言っていただき、正直ホッとしました。今回は事前の準備があまり出来ず、うまくリードができませんでした。御満足はいただけましたが時間が...
  • Comment 0
  • Trackback 0

二次展示

今年の四月まで未来館に展示されていました2013年の入選作品『されど光はここにある』  宙玉(そら玉)レンズを使っての写真 が今回、横浜正心館に一年間展示されるようになりました。プリント出力でなく透過光で観て頂ければ最高なんですがそれでも認めていただいた横浜正心館さんには感謝です。いつか透過光で作品を展示できるようになればいいなと思っています。。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に...
  • Comment 0
  • Trackback 0

首都圏で地震

今朝、地震がありました。寝床で自分自身の心を見つめていたとき揺れ始め、ちょっと大きそうなのですぐに隣のおふくろのベッドのそばにあるカ家具を押さえました。テレビをつけると首都圏、千代田区で震度5弱、僕の住んでいる荒川区は震度4でした。ここのところ空がにぎやかです。おとといは北東の方向に地震雲らしきものが出てましたし、昨日は昨日で終日太陽に虹が出てました。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「こ...
  • Comment 0
  • Trackback 1

太陽の虹

今日は終日太陽の周りに虹が出ていたようだ。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッピー?   ◇心の指針1...
Category 天気
  • Comment 0
  • Trackback 0

釈党首

今朝、バラが咲きました。なぜか今年は白とピンクの花になりました。慈悲とは、実は、「世界観の転換」なのです。「この世に生きている、人も、動物も、植物も、宇宙の人たちも、あるいは、地球も、太陽も、月も、ほかの星も、すべてのものが、自分という生命を躍動させるために創られている。そういう、ありがたい世界として、すべてが創られている」という世界観なのです。「Are You Happy?」2011年6月号より ◇アー・ユー・ハッ...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

救世主御降臨の瞬間

主エル・カンターレ御降臨の奇跡の瞬間をイメージしてみました。もちろん宙(そら)玉レンズで撮った写真です。この奇跡の時代の中に我らも地上に降りました。主と一体となった時、なっている時に『異次元パワー』は望みます!主と一体となり、天上界と一体となり、サンガと一体となる。サンガと一体となるとは同じ色に染め上げるのではなく、それぞれの強みを最大限に発揮し、お互いに認め合い、助け合い、エル・カンターレと一体...
  • Comment 0
  • Trackback 0

神への信仰・・大宇宙の神秘

子供のころから大宇宙の神秘を感じ、あこがれ、探求心がありました。握一点開無限その中心を貫いているものへの不思議さが神への信仰の門を開いてくれました。霊的世界との出会い、宗教との出会い、そして、師を求めての探求の旅、数年を費やして幸福の科学、大川隆法総裁先生へのもとへ・・。正直、これ以上新しい宗教が起こされるとは思ってもいませんでした。ですから既存の宗教に関する宗教書を丸善で手に取り、師を探し求めて...
  • Comment 0
  • Trackback 0