かめぱぱの心のファインダー

ARCHIVE PAGE: 2012年04月

ハナミズキ

東京は八重の桜も盛りを過ぎ、つつじやハナミズキが街々を飾るようになりました。写真撮りは初心に戻り、カメラの性能にこだわらず、楽しみ(遊び心)ながら、心のデッサンとして描き(写し)こんでいきます。最初のパステル画に描く絵のイメージが浮かんでいます。ハナミズキの好きな五月生まれの娘(こ)をイメージしています。それできょうはハナミヅキを十数ショット撮りました。あと、真上からのショットを撮ればスケッチにか...
Category FinePix F31fd
  • Comment 0
  • Trackback 0

落選

今年の文化芸術祭は落選でした。今回は、顔料インクと印画紙に力を入れました。あのフレスコ画と同じ手法、漆喰を取り込んだ印画紙(フレスコレクジー)にて出力した作品も応募しました。精舎空間にあわないということですから仕方がないですが、とても残念です。2L写真プリント審査ではちょっと厳しいかなと思いましたが審査条件はみな同じなので完敗。7連勝ならずでした。今はパステル画とフレスコレクジーでの作品作りを勉強...
Category 信仰
  • Comment 0
  • Trackback 0

作品づくり

僕の作品にも大宇宙の創造主、主エル・エルカンターレへの信仰心が現れてる。僕たちの生きる世界も光あふれる世界、この光の世界をみんなに教えてあげたい。仏国土ユートピア建設にいのちをかける仲間を意識しながらもこの思いから離れることが出来ない自分、これも執着心なのだろうか・・・・。”永遠の今”にながれる仏の光、白き手を思う。人生の悩みを解決したい、あなたに!!...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

モニターの色合わせ

おくられてきたレンブラントのソフトパステル90色でモニターの色調整(色見本)を作ってみました。このブログ画像がご自分のレンブラントのパステル色に近ければ〇〇ちゃんのモニターの色調整はあっています。もし違っていたらスタート → コントロールパネル → モニターの色調整で合わしてください。100パーセントではありませんがかなり近いと思います。プリント出力しても問題ない調整になっています。...
Category D300
  • Comment 1
  • Trackback 0

チャレンジ

札幌の姪っ子画家からパステル画材一式が贈られて来ました。子供の頃は絵を書いたり、版画、彫刻、塑造と、いわゆる図画工作が好きでした。25歳の時、ヨーロッパアルプス登山に行き、シャモニのキャンプ場で山里寿男さんが絵を書いているのに出会い、僕も書いてみようかなと思い、すぐに画用紙と固形の水彩絵の具を求めました。それから、山登りのときはスケッチブックと固形の絵の具をザックに入れるようになりました。最後に描い...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

人生の問題集

このブログでも何回か同じようなタイトルで書いていますがやはり ”人生の問題集 ”という言葉は「時」そのもので刻々と時間を刻んでいます。最近の母は目がほとんど見えません。その分、心の目のほうがはっきりしてきています。どういうことかというと僕たちの目には見えないもうひとつの世界、霊界を見る目が主になってきてしまいました。それはそれでその世界もこの世と同じようにあるのでかまわないのですが母はまだ、肉体をい...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

光よ通えの詩

写真芸術は永遠の今の中に過去・現在・未来を貫く不滅の世界の光を切り取ることだ。この一枚の絵の(写真の)中に永遠不滅の光が閉じ込められている。この光は見る人の心を照らし、その心にともった明かりが他の人々の心を照らし、世を照らすことにもなる。この世界を創りたもうた仏は光よ通えと念じた。この小さな武蔵野の雑木林に咲くかたくりの花からも光よ通えの詩が聞こえてくる。人生の悩みを解決したい、あなたに!!...
Category D300
  • Comment 2
  • Trackback 0

尖閣諸島の買取り発言に思う

東京都知事が尖閣諸島の買取をワシントンで発言しました。早速、にわか評論家や国家観の薄い評論家が当たり前のようにかき回します。(僕もにわかですが・・・・・。)中国がどうであれ、都民の税金、都議会がどうなんて問題を考えているようではこの国を守れません!尖閣は中国の日本侵略の脅威から守る最も重要な場所です。ここを盗られたら日本は国家として存続できなくなります。チベットのように中国の属国となってしまうでし...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

かたくり観察会

かたくりの花とヒメギフチョウの写真を撮ることが夢です。で、ことし、かたくり観察会があることを知りましたが日にちが合いません。娘にレンタカーを借りて連れて行ってもらおうと思い声をかけたのですが観察会よりも一週間早く、初めての場所なので今回はあきらめました。去年の秋、秋山郷へ紅葉撮りに行ったのですが最終撮影地のそばにかたくりの自生地があることをそのとき知りました。こちらも行ってみたいところですが自分一...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

頭を下げて

かたくりを撮るのはなかなか難しいです。斜めに延びた細い茎の先に花をつけます。絵としての構図、バランスが今でも決まりません。茎が針金で出来ていれば自由に曲げることが出来るのでイメージ作りが出来るのですが生身のかたくりさんを曲げることは出来ません。だたひたすらに地面に頭をこすり付けんばかりにして探し続けます。お気に入りを見つけることが出来てもいざファインダーをのぞくと花が傷んでいたり、汚れていたり、バ...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

花散らし

今年はスカイツリーと桜の花のツーショットがあちこちでたくさん撮られたのではないでしょうか。僕もお店近くの桜並木でベストポジュションを見つけ撮りました。東京は今日、花散らしの嵐になるとの予報、さくらさん!ありがとう!来年も東京の春を飾ってください・・・・これからは八重の番ですね。 ...
Category FinePix F31fd
  • Comment 0
  • Trackback 0

春の珍道中 かたくり

桜が満開になったのでかたくりの花を撮りに札幌から来ている妹を誘って練馬の清水山公園に行ってきました。ところがこれが珍道中になってしまいました。清水山公園は西日暮里から山手線で池袋まで行き、西武線に乗り換えて練馬まで行って、都営線に乗りかえ、光が丘で下車、ここから歩いて15~20分くらいの所にあります。光ヶ丘団地を抜けて、新しく作っている道路の歩道を春の日差しを背中に浴びて、妹と二人でのんびりと歩い...
Category D300
  • Comment 0
  • Trackback 0

春のデザイン その二 こぶしの花

桜の花を撮りに北海道の姪っ子と公園に行ったとき、前日の春の嵐、暴風雨でとうに散ってしまったと思っていたこぶしの花たちが風景の中に浮かび上がっていました。「ねえねえ、ぼくたち、あの嵐のなかでがんばったよ!耐えて、きょうも春の光を放つことが出来ましたよ!」そんなこぶしたちのよろこびの声が聞こえてくるようなシーンでした。ぼくは感動し、すぐにこぶしの元に歩みよりました。そのすがたになんともいえないかわいら...
Category PowerShot SX210 IS
  • Comment 0
  • Trackback 0

春のデザイン その一 さくら

ユベ-ル・ロベール展を見たおかげで僕の写真にあらたな光(切り口が与えられました。”写真は心(写心)のデッサン画”プリント、スライド作品もまだまだデッサン画なのですね。これは永遠のテーマだと思いますが、すべての作品も未完成形であって完成というものはこの世にはないんではないんでしょうか。心の世界をとおして仏の世界とつながっているという自覚があります、おかげさまで写真に光を込めることができるようになりまし...
Category PowerShot SX210 IS
  • Comment 0
  • Trackback 0

”なな” 愛するペットの絵 

札幌の姪っ子が天国に帰った愛犬”なな”のパステル画を描いて持ってきてくれました。今にも絵から飛び出しそうな天国に帰る直前のななの姿です。普通に見るペットの絵とは一味も二味も違います。きっと天国にいる”なな”を描いてくれたんですね。さすが天国が描ける画家さんですね!!どうもありがとう!みんな、ななの絵を観て泣いていました。自然と絵の癒しの生活...
Category PowerShot SX210 IS
  • Comment 0
  • Trackback 0

ユベ-ル・ロベール-時間の庭- 特別展を観て

6日、東京の桜が満開を迎えました。上野公園は多くの人でにぎわう事でしょうね。その上野の西洋美術館でなかなか人気がでない企画展が開かれています。それが「ユベ-ル・ロベール展」です。札幌から来た妹親子が観てきてなかなかいいのに人気が出ないみたいねと・・・・・。その展示の多くがデッサン画なので一般受けしないのかもしれません。ぼくは妹から観ておいたほうがいいですよと言われたのでその日の午後、見に行ってきま...
Category PowerShot SX210 IS
  • Comment 0
  • Trackback 0