プロフィール

かめぱぱ

Author:かめぱぱ
1950年生まれ。日暮里在住。

幸福の科学信者。1987年入信。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト内の写真の使用ならびに
無断転用を禁じます。
Copyright©Takashi
Kamemura

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
bnr_vic-22.jpg
幸福の科学 みんなの声

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

かめぱぱの「日暮里発 吹かそう幸福実現の風ブログ」
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ヒマラヤのスケッチ
←入り口
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム
FC2カウンター
QRコード
QR

梅雨入り

2011/05/29 22:23:52 | PowerShot SX210 IS | コメント:0件

東京地方(関東甲信越)は一昨日(27日)に梅雨入りしました。用事があって東京京橋に行ってきたのですが、ブリジストン美術館の一階に置いてある車、なんか紫陽花の花みたいです。雨の中の街中を走ったら素敵でしょうね。夢が膨らみます。。...続きを読む

行ってきます

2011/05/29 22:11:59 | 信仰 | コメント:0件

十八夜

2011/05/23 21:22:00 | D300 | コメント:0件

赤い宝石

2011/05/22 22:42:17 | D300 | コメント:0件

ぶらんこ遊び

2011/05/22 22:42:05 | PowerShot SX210 IS | コメント:0件

きょうは朝の散歩でぶらんこ遊びさいしょはひとりで座ってもらい?おばあちゃん笑ってと・・・・。自力??で座りのため こわさ(不安)の混ざった え・が・おこのあと、ぼくの膝にのせて ギーコ ギーコさいしょは怖がっていたけど自分で声を出して一緒に漕いでいました。さわやかな五月の風も母と一緒にぶらんこ遊び...続きを読む

入選

2011/05/22 18:12:44 | 信仰 | コメント:0件

「大悟30周年・立宗25周年」特別記念文化芸術祭美術部門の一次選考に通過していたのですが無事二次選考をとおり、入選となりました。またありがたいことに北海道の姪っ子も絵画で入選し、二人とも総本山正心館で一年間展示させていただけることになりました。彼女の作品に対する思いをいただいたメールで紹介させていただきます。(画像は実際の色合いと異なります。正心館で作品を見てから、あらためて紹介させていただきたい...続きを読む

自殺を減らそうキャンペーン”特設サイト”

2011/05/18 23:51:05 | 信仰 | コメント:0件

2011-05-18 | 日記幸福の科学の新着ニュースより幸福の科学のHPに「自殺を減らそうキャンペーン”特設サイト”が開設されました。2011/5/18↓クリック...続きを読む

シドニーの若きヴァイオリニスト 3

2011/05/18 21:51:54 | D300 | コメント:1件

「シドニーの若きヴァイオリニスト」 このタイトルで記事を書いたのが2009年、彼が13歳でしたから、いまなら15,6歳でしょうか。どうしているでしょうか・・・・。彼の弾くヴァイオリンの音色が聞けたら僕も写真という表現をとおしての「草笛の音」でお答えできるような気がしてきました。いつか彼とのコラボ、必ず実現します。それまで「悟りの香り」に磨きをかけ続けよう。。...続きを読む

自殺を減らそうキャンペーン

2011/05/18 06:25:16 | 未分類 | コメント:0件

自殺を減らそうキャンペーンのTVCMです。...続きを読む

日光の聖徳太子

2011/05/15 22:00:14 | D300 | コメント:0件

日本人が失った”こころ”をこの桜の花が語っているそう思えるような宴の花咲く日光でした。...続きを読む

日光にて

2011/05/13 22:58:16 | D300 | コメント:0件

今年の日光はつつじはまだ早かったのですが桜に出会いました。一期一会の機会なのでゆっくりしたかったのですが急ぎの旅ゆえのかなしさ・・・。与えられた瞬間をまだものにできない自分を知らされました。...続きを読む

思い(念い)

2011/05/12 23:27:41 | OLYMPUS E300 | コメント:0件

いつも心に思うことそれが自分自身がどういう人間かを表しているというあなたのこころはいつも何を思っていますか。。。スーパーベガ・ヒーリングを受けさせて頂きましたが母の目はいまだ回復しておりません。主は母をとおして私に何に気付けと言っているのだろうか・・・・。人生の晩年で目が見えない苦労、しかし、母の詠う語りは穏やかな心地よい波動に代わってきています。僕もこんな波動で一日、多くの人たちと接していきたい...続きを読む

日光の猿

2011/05/11 22:41:46 | D300 | コメント:0件

7日に日光に行ってきたのですが、人出は少なかったです。臨時バスが出たのですが乗客は僕も入れて十数人。これも原発事故の風評被害でしょうか、外国の方が少なかったです。5,6頭の群れが木立の上の方にいましたが僕を見つけて急いで移動していきました。お猿さんといえば日光の猿は観光客がカモだとか。政府の幼稚な情報発信力で観光客も激変、地元業者だけでなく、お猿さんもおねだりの客がこなくては・・・・・。...続きを読む

「魂の教育の時代」がやってきた

2011/05/09 22:49:39 | D300 | コメント:0件

人びとはいまだ無明の闇の中を生きている・大宇宙の真理・この世を去った霊界世界の真理・魂の法則・心の法則  これらについて学び、世の常識とする・・・・ 現代という時代は 魂の教育の時代であるということ この世に生まれる前は 少なくとも真理の一端を悟っていたのであるならば 魂修業の場としての「この世」は、教育の場として十分に機能していないと 言わざるをえないと思うのです。               ...続きを読む

国家のデザイン

2011/05/06 06:36:19 | PowerShot SX210 IS | コメント:0件

広義のデザイン デザインとは、日本語では「設計」にあたり、「形態」や「意匠」と訳されてきたが、それだけに限らず、人間の行為(その多くは目的を持つ)をより良いかたちで適えるための「計画」である。人間が作り出すものは特定の目的を持ち、それに適うようデザイナー(設計者)の手によって計画されるのである。デザインの対象は、衣服、印刷物、工業製品、建築などにとどまらず、都市や人生計画にもおよぶ。[ウィキペディア...続きを読む

殺害の真相は

2011/05/05 17:41:44 | PowerShot SX210 IS | コメント:0件

ぶっそうなタイトルをつけてしまいましたがきょうは5月5日、子供の日。世界では子供の自爆テロ遊びもあるという。ビンラーディン殺害で世界が騒々しくなってきました。世界中の子供たちをこの聖戦から守るためには → 殺害の真相は  →  宗教間の憎しみを乗り越えよ...続きを読む

プリント出力

2011/05/05 12:55:10 | 未分類 | コメント:2件

二次審査出品にむけてプリントと額装がやっと終わりました。七日は電車で東武日光まで行ってバスで日光精舎へ、帰りは川沿いに写真を撮りながら2時間くらいかけてJR日光駅まで歩きます。日光駅から鶴田駅まで行って徒歩10分で宇都宮正心館へ、応募作品を手渡して帰ってくる予定です。久しぶりの七の日参りです。落ち葉の作品はすんなりいったのですがハスの花は苦労しました・・・・なかなかイメージどおりに色がでないのです...続きを読む

復興・再生モンスター

2011/05/03 11:57:05 | D300 | コメント:0件

町も人も流され、多くの方が被災されました。また、福島原発事故で多くの方々が苦しんでいます。ぼくもその大変さを思う一人であります。しかしながら人間心を離れ、自然に目を向けることも大事です。日本は四季があり、一年のサイクルで栄枯盛衰、輪廻転生を繰り返しています。野山や身近な自然の中では今年も春の再生の息吹がいたるところに見えます。小さき存在ではありますが偉大なる仏神の再生のパワーを宿したモンスターたち...続きを読む

エル・カンターレの手の中で

2011/05/02 07:07:18 | D300 | コメント:0件

過去の幾多の文明も現代文明もこれから先の多くの未来文明もエル・カンターレの手に優しく包まれる時の流れ、エル・カンターレの時間である。僕たちは時間の中を漠然と生きているが時間は仏の命である仏の命の布施を頂いて僕たちは生かされている仏の無我なる愛の念いが時間となって流れているぼくらはその時の中に生きる永遠の旅人仏の身体をめぐる血液ださぁ、きょうも仏の身体の一部であるこの世界で愛という名の”ヘモグロビン”...続きを読む

知の奥にある世界

2011/05/01 23:42:21 | D300 | コメント:0件

知の奥にある世界それを僕は写したい写真を通して伝えたいのですそんな写真家になるのが夢です。知の奥にある世界って何でしょう・・・世界は高度に知が発達した世界を迎えていますしかし地上にある知の世界ははるか天空から投影された世界ですそうなんです。・・・・知の奥には信なる世界があるのです。正確に言えば知の奥にあるではなくて、信の世界の中に知の世界があるのです。今日本は東日本大震災からの復興・再建に立ち向か...続きを読む