かめぱぱの心のファインダー

創造主の慈悲の愛の光溢れる世界を写真と言葉で書き綴った幸福の科学信者ブログ。

絵を描く 

めいっ子から幸福の科学の文化芸術祭に応募した絵を画像で送ってもらった。
とても透明感があって光の強い・・・しかも慈愛あふれる絵に出来上がっていました。

彼女からの”絵を描く”ことについて送られてきたメールを紹介させていただきます。
(もちろん了解をいただきました)


DSC_3899-31.jpg


ぼくがもう一段上の方の指導(インスピレーション)をいただいているようですね・・・
旨のメールを送った返事に次のようなことが書かれていました。

「これは私の頑張りで魂が強くなったこともありますが、
それを超えた上の指示と回りの協力が不可欠でした。
せっかく来ていただいたのだから描かせていただこうと思えど、
何カ月も清い波動に合わせ続ける精神力は今の私にとっては至難の技です。
魔も来ます。隙を狙ってきます。問いかけにも来ます。
自己保存のこころや智慧が少なく、負ければ体調を崩すか、
波動が落ちて治すのに時間もかかって、絵の妨げにもなります。
そして、一緒に住んでいる家族の波動が悪ければ体調が悪くなります。
回りからも狙ってきます。


DSC_3921-31.jpg


絵を描くということは静かな作業ですが常に静かな戦いでした。
そこで家族全員がこころから協力してくれて、初めてできるものでした。
何カ月も家族が守ってくれたのでできた絵です。

そして、天上界の方々からもたくさん護って描かせていただきました。
一枚一枚と絵を描きあげるたびに智慧をつけ、私の魂が強くなり、一人でも
描きあげる強い鋼の精神力をつけていくのが今のところの課題です。」


という内容のものでした。

彼女と彼女の家族、天上界の天使たちの魂の奇跡が一枚の絵からあふれ出ています。

こんな素晴らしい真理芸術家と縁を持てたことを有り難く思っています。
そして彼女の家族たちにもありがとうと言わせていただきます・・・。

ぼくも彼女の絵に負けないような写真・・・絵作りを今後もしていかねばと
改めて思っているところです。。

西高東低 

西高東低・・・冬型の気圧配置ではありません。
水は高き所から低き所に流れます。

いま、この自由と繁栄の国で無傷であった西日本の経済人は
いまこそ、大黒天の使命として東日本の経済立て直し、復興のために
豊かさを流し込むことが急務です。

世のため人のためが経営の精神であり、大黒天である経営者の力量の見せどころです。
それが未来の日本を開くことであり、
今、窮地に立つ東日本の大黒天たちを鼓舞することになります。

大宇宙の無限の豊かさをこの地上に降ろしてくるためにも
いまこそ、本来の無我なる愛の経営者として、この日本を救っていただきたい。。

貧乏神を奉る政府にまかしきりではいけません!!


DSC_3897-29.jpg

サクラ開花 

昨日、東京の桜が開花しました。
東日本では桜の開花どころではないかもしれませんが
さくらもただ咲いているわけではありませんよね。

今年のさくらは人々の心の復興ねがっていることでしょう。
このワサワサした心の波動を離れてしばらく”お花見”・・・
花の心・・・世のため人のためのこころを自分の心にも花咲かせましょう。。

まずはソメイヨシノより半月早く咲いた寒桜で楽しんでください。


DSC_3970-29.jpg


DSC_3874-30.jpg


花も鳥も天地一切のものはこの地球の法則の上に生かされています・
人間とて同じなんですね・・・。
ただ人間には地球と同じ、創造の力が与えられました。
この災害を乗り越えていく勇気、行動力を与えられましたが
謙虚さを忘れ、傲慢さが強くなった時、自然・・・この地球の偉大さを知らされるようです。

信仰とは人間の心に謙虚さ、感謝の念を取り戻し、万物の長としてこの地球と
地球に生きるすべての生命の成長、発展繁栄に責任を持っていることを自覚させてくれます。

けっして、おどろおどろしいものでまなく、人々を不幸にするものではありません。
人々を真なる幸福へと導くものこそこそが信仰なのです。

すべては仏の掟(ことわり)・・・仏法真理を学ぶことから始まっていくのです。。



3月11日 

3月11日は妻の誕生日でした。
今回の大震災で被災された方、亡くなられた方々のなかにも
誕生日を迎えた方々が沢山おられたことだと思います。

起きてしまったことは起きてしまったこととして
亡くなられた方々の御冥福と被災された方々の未来への希望を願って
あらためてお誕生日おめでとうございました。

残念なことですがあの世への旅立ちの時は
あの世への誕生の日でもあります。


img008-ai.jpg
                                         yukiさんのスケッチ

最小不幸社会を求めることなく、最大幸福を目指して
新たなる復興、新生ニッポンを東北から創ってください。
応援します。。


水道水が危ない!のデマ 

水道水が危ない
この時期、こんなタイトルをつけたら誰でもクリックしますよね・・・。

じつはこれがミネラルウォーターを売っているサイトのタイトルなんです。
これは人々の不安をあおって社会混乱を引き起こすもとになるとおもっています。
このサイトを訪れてみると「水道水が危ない」については何も書かれていません。
あるのは各種ミネラルウォーターの販売ぺーじです。
(まぁ、何にも書かれていなかったということでほっとはしましたが・・・)

先日、幸福の科学総裁大川隆法先生がインドのブッダガヤで法を説かれました。
「悟りとは何か」についてお話されたのですが、
数多くある悟りとは何かの意味の中で一点『中道』について4万人の聴衆と
インドのTV局の生中継によってインドの方々に向かってお話されました。

お話は現代的な中道とは何かについてのお話であり、三つの智慧についてお話されました。
第一が欲を否定すること、この世的な欲望や、この世的な価値観への執着を捨てる
ということ。

第二が心の平和を保つ、人生における怒りを否定し、怒りに満ちた心を捨て去ることの
大切さ、日常生活で怒りがあると天上界の霊存在との交流ができないと話されました。

第三の智慧として「無明」を発見し打ち砕けと・・・。
智慧には霊的パワーが必要、霊的な発見のない知識は智慧ではないと言い切られました。


DSC_3796.jpg


昨日、一昨日と、多くの方々がお店に来られ、水を探し求めている姿は
まさに大川先生がインド、ブッダガヤでお話しされたそのものの姿でした。
それは本日も続くでしょう。

ぼくが最も恐れを抱いたのはこの水を求める光景がこの方々が死んであの世に旅立ったときの
光景だからです。
もう何を言っても聞きません、自分を見失っています・・・・。

智慧がないということがどれほど自分の未来(あの世での生活をも含めて)を
不幸にするかということを知らねばなりません。

この世で生きるということは自分の心の王国を自分が治めることであり、守ることであります。
生きるということにはどう生きるかという責任が伴っています・・・。
そのためにも智慧を得る・・・・悟りの道に入ることが大切であり、
国民一人一人が信仰とは・・・を考えるよき機会を与えられていると思いました。。


社会の混乱 

震災後、一部マイナスの情報が報じられ
一人走りしているような感じです・・・。
このような時こそ”平静心”です。
これこそが、自分も家族も、周りのひとをも守ることになります。

IMG_1870-1.jpg

社会を混乱をさせるための一番手っ取り早いやり方は
人びとの心を乱すことです・・・。

私たち国民一人一人が現在進行形の
救世、救国の主役であることをもっと自覚しましょう。

世の中では「自分にできることをしよう!」と言われていますが
こころを平らかにする、落ち着ける”平静心”こそ一番です。

暗雲たなびく地上世界ではありますが雲の上には
救世の太陽が光輝き、
私たちの心を暖かいひかりで照らしてくれています。

こんなときだからこそ、プラスの釘を打ち続け
このどん底とも思われる困難をぶち抜きましょう。。

大悟記念日 

人間の歴史は
仏の悟りの歴史
『大悟』
この言葉の響き
ここに仏の大いなる愛
大悲、大愛が
心の中にサーと広がってくる


DSC_3829-ai1.jpg

「人びとよ愛に生きよ!
 人びとよ我のごとき生きよ。。」

心を落ちつけて
こころをすましてごらん

貴方のそばに
あなたのこころのなかで
ほとけは笑顔で手を差しのべられている

その手をつかむことの
う・れ・し・さ
あ・り・が・た・さ

ほとけは今も 
じっと待っておられる。。



大悟の日

「新燃岳噴火は神の

元気玉 

yukiさんからの応援イラスト

img007-ai.jpg


 

東京では梅の花も散り始め、寒桜、モクレンへの花へと移り始めました。
きょうの暖かさでモクレンの花も満開になろうとしています。
こぶしももうすぐですし本当に春間近です。


DSC_3769-ai.jpg


花々は無常の風の中で一生懸命咲き、そして散っていきます。
数多くの命の布施に支えられて僕たちは生きています。

地震、津波で亡くなられた方々の命を軽んじないためにも
教訓を学び、命を灯し続けなければなりません。

それともう一つ・・・・大切なことを

私たちは永遠の命をいただいています。
人間はこの世とあの世を生きる永遠の旅人です。

あの世の人生がこの世の次に待っている・・・。
次にくるあの世の人生が信じられるからこそ
執着心から離れ、身軽にしておかねばなりません。

花が散るということは命が散るということではないのです
この世で生きる術の中で身につけた執着心を取り去ったということ、
だからこそ、おいしい果実となって人々を喜ばし、
地に降りて新しい命の芽を育むのです。

一日一生の積み重ねが自信を生み、
努力の継続が未来への希望となってくるのです。

僕はそう信じています。

634(武蔵) 

昨日、スカイツリーが634メートルになりました。

人類の英知をを信じましょう
我ら日本人、こころを一つにして
この危機を切り抜け、新しい時代を作ろう。
一人一人が今できること、一握りの愛を注ごう!

津波は私たちの心から希望を持ち去った
ならば、愛の大河の一部となって被災地の方々に希望の光を届けよう。。


DSC_3997.jpg


悲しみの時にこそ希望の鐘を鳴らそう
人間の本当の力、叡智を信じて
心の中に灯りを灯そう
自分の中に一本のろうそくを灯せば
その明りはまわりを照らし、
人々の心の中のろうそくに火を灯すことができる
一本のろうそくになろう!

どうか悲しみの中にあっても心の中を照らし、
周りを照らしてください。

貴方の苦しみ、悲しみは僕の悲しみ、苦しみでもあります。
あなたと共に希望の鐘を鳴らし続けたい。。




心のコントロール 

これまでぼくが天の恵み、大地の恵み、仏神の恵みに
そして多くの方々から支えられていただいている愛に感謝し、
撮り続けている写真です。

すこしでも皆様の心が癒されますようにとの思いをこめて毎日UPしていきます。




連日、TVで被災地、被災された方々の報道を見ていますが
皆様の助け合いの姿に頭が下がる思いです・・・。


DSC_3760-ai.jpg


お釈迦様は
「この世は、いつ去ることになるか分からない、無常の世界である。
しかし、この世を去ると、本来の世界に還れるのだから、
いつ去ったとしても悔いのない生き方をしなさい。
この世に対する執着を捨てなさい」ということを、
くりかえし説かれていたそうです。(大川隆法著『霊界散歩」より)

ぼくのいる東京ではあまりにも肉体われ、自己保存にとらわれるあまり
、生活用品の買占めがみられました。
商いに携わっている関係上、お売りしなければならないのですが、
この人間のエゴに心痛めております。

すべてを失った被災地の方に比べて、
東京はあまりあまるほどの恵まれた環境にあります。
本当の豊かさ、豊かな人というのは失うものがあった時に見えてきます。
方や、お互いに助け合う人々、
かたや、まだ足らないと他の人のことを考えず買いあさる人。

一件、豊かに見える日本ですがまだまだこころは貧しいですね・・・。
執着を去った時にこそ本当の豊かさを手に入れることができるのです。

まだまだ、日本は発展します。。
大復興します。。。
豊かさの肯定、豊かなる心を人々が持つことがこれからの日本人に
求められています。

お釈迦様の言われるように諸行無常の風の中に身を任せるのではなく、
執着心を去るという、こころのコントロールがこの困難を乗り越えていくことに
なると思います。

まずは僕たち東京人が買占めという愚行を戒めないといけません。

人間の心も核反応も同じです。
何もなさねば荒れ狂う大海のごときで、自分自身をも他人様をも苦しめます。

こころの統御、こころのコントロールの大切さを
この国難から学び取り今後に生かす・・・ということも
常勝思考という考え方なのです。

常勝思考は日本人の得意とするところです。

東北・関東大震災の被災地へ 2 

これまでぼくが天の恵み、大地の恵み、仏神の恵みに
そして多くの方々から支えられていただいている愛に感謝し、
撮り続けている写真です。

すこしでも皆様の心が癒されますようにとの思いをこめて毎日UPしていきます。


DSC_3752-ai.jpg

地震当日の午前中に撮りました。
まさかこの数時間後に地震がおこるなんて・・・・。

この梅の花も数日後には散りますが
永遠の今を輝いています。

皆様お一人お一人が元気でいてくださることが
周りの方々への安心となります・・・。
この寒さの中まんじりともせず、眠れぬ夜を過ごされたと思いますが
日の光は確実に春の到来を告げてくれます。
皆様の心が春の光に包まれますように。。   かめぱぱ

東北・関東大震災の被災地へ 

これまでぼくが天の恵み、大地の恵み、仏神の恵みに
そして多くの方々から支えられていただいている愛に感謝し、
撮り続けている写真です。

すこしでも皆様の心が癒されますようにとの思いをこめて毎日UPしていきます。

DSC_3669-ai.jpg

豊かな心

他人を思いやることができる人は
豊かな心の持ち主です

こういう時だからこそ
いつもよりちょっと多めに
こころを豊かにしてみてください。

秘訣は感謝の心

頑張ってください。。     かめぱぱ





心を一つに 動画『あなたたちは一人じゃない 』 

日本だけでなく全世界から
今、この日本に、被災地に、被災された方々に
愛の光が送られ続けています。

今、最も大切なことは日本国民すべてが
世界中から送られている愛の光に心を合わせることです。
今ここにいられることに、生かされていることに感謝し、
こころを一つにすることだと思っています。

数多くの世界中の天使たちも祈りの力によって
私たちの心に愛の光を送り続けてくださっています。。

You Tubeから

永遠の今を生きるということ 

マグニチュード9.0、巨大地震の爪痕は被災地の方々だけでなく、
この都会の住む多くの人々の心の中にも残していった。

むすめがスーパーで買い物してきたのだが
急に泣き出し、スーパーには行きたくないと言う
ぼくにはすぐわかった・・・。

実は僕も食べ物関係のところにいるからだ。
ここ数日、押し掛ける買い物客の姿は生きるためとはいえ餓鬼そのものだ
スーパーなどお店自体が餓鬼地獄と化しているのだ・・・・。
自分中心の欲しい欲しいの奪う愛の塊と化しているのだ。

人間というものは信仰というものを忘れたときこのような姿になってしまうものなのだ!!
愛とは奪い合うものでなく、与えるものなのだ・・・・
これを学ぶためにこの未曽有の危機が起きているのだ・・・・・。

しかしながら各個人を責めるわけにはいかない問題もある。
それは政治の力だ・・・。
政治がしっかりしていれば・・・・・
この国のリーダーたる政治が機能していないのだ!!
こくみんに未来への指針を示していないからだ。

正しい情報が開示、流されていないからだ・・・。

人々は命ある限り生きていかねばならない。
この肉体生命を存続させていかなければならないのだ。

これはどんなに悪しき者でも、また聖者であっても避けることができないのである。
等しく人間に宿命として仏神より与えられているものなのだ。
この動物的人間を神の子、仏の子として目覚めさせ生き続けるためには
宗教の力だけでなく、現実的な政治力によって人々が動物的になるのを防ぐことが仏神より
望まれているのだ・・・・・。
唯物主義、拝金主義の政治理念では人々を真なる幸福へとは導けないのである。

宗教をも捨て唯物主義に走った姿が餓鬼の姿となり、餓鬼地獄を作ってしまうのだ。
古来、信仰の世界では天変地異は人心の乱れによって引き起こされると言われている。
天変地異を呼び込むも今後防いでいくも人間の心の思いと行いにあるということなのです。

その中心は『愛とは与えることであり、決して奪う愛、自己愛ではないということ』であります。
これだけの大きな危機に見舞われたということは人心の乱れいかに大きいかということであるけれども、
この危機をばねとして愛の本質が愛他利他、与えることにあり、
決して自己愛に生きてはならないということを学ぶことによって日本人のみならず、
世界の人々をも巻き込み、もう一段上の地球人、宇宙の一員としての
登竜門となっているチャンスの時であるということに
気がつくことが急務なのではないでしょうか・・・・。

未来に生きようとするがために
大切な大切な 永年の今を生きることを忘れている人々の
目を覚まさなければならないのだ。

幸福の科学、幸福実現党、信者、党員の責任大と感じる次第です。。

巨大地震発生 

共同ニュース
11日午後2時46分ごろ、三陸沖を震源とするM8・8の巨大地震があった。気象庁によると、関東大震災のM7・9を上回り国内観測史上最大。東北から関東にかけての広い範囲で津波や火災が発生した。
http://www.47news.jp/news/photonews/2011/03/post_20110311194702.php


家でテレビを見ていたら緊急地震警報がでた
しばらくして揺れ始めてきたがもうおさまるだろうと思ったのだが
だんだん揺れが激しくなってきた。
こんなゆれ方の地震は今まで体験したことがない。

ちょうど一階の母の部屋にいたので様子を見ていたが
TVの上の棚からは物が落ち始め、母の寝ているベッドの方に目をやった
足元の方は大丈夫だが頭の方にものがのっており、TVのほうはあきらめて
母の頭の方の物を押さえたけどそれからもゆれはまだ大きく続いた。
二階も電気の傘が外れて落ちたり、ぼくのつんどく・・・がくづれていた。


IMG_1797-1.jpg


そのあとも同じような大きな地震があった。
最初のは岩手県沖で二番目は茨城県沖だ。
その後の余震も頻繁にあり、
ここ東京でも落ち着かない一夜を送ることになるだろう。

TVでは地震の被害状況を随時流し始めた
津波も大きくその状況をTVで生で見る・・・。
また千葉では石油タンクが火災を起こしたことを映し出していた。


IMG_1804-1.jpg


この施設はその後、延焼し、手をつけられない状況になっていた。
時間がたつにつれて被害はさらに大きく広がっていた。

まさに巨大地震だ、関東大震災よりも大きな地震のエネルギーが日本列島を揺さぶったのだ
予想を超えた被害が出ている
それは明日、明るくなればその大きさに驚くことになるだろう。

各地の被害、被災された方々、亡くなられた方々のことを思うとともに
日本国民が一体となってこの危機を乗り越えていかなければと考える次第です。。

クリスマスローズ 

近くのお家の庭先にひっそりと咲いていました・・。
とうにクリスマスは過ぎ、季節は春を迎えるようになりましたが
その静かなるたたずまいのなかになんとも言えないものをかもしだしています・・・。
まさにクリスマスローズですね。


IMG_1704-1.jpg


3月7日の日は初転法輪記念館で一人、
主のおん前で静かなる感謝の祈りの時を迎えることができました。。

春の雪 

きょうは昼間、雪が降りました。
母に見せてやろうと障子をあけたのですがだいぶ視力がなくなってきていて
あまり見えないようです・・・。
生・老・病・死のなかの老いる苦しみ・・・・・
目が見えなくなること・・・・初めて身近で考えさせられました。

IMG_1743-1.jpg