かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

ウンチがでるよ~ 

「ウンチが出るよ~」
おふくろの声がスピーカーを通して聞こえてきた
すぐにおふくろのところへ
「ウンチが出る」という
今朝は母は六時前におしっこをしたので
そのまま下の部屋で新聞を読んでいたので
すぐ対応できた。

ここ数日は夜中も自分で立つところまではできるようになった
でもまだまだベッドから起こしてやったり、
簡易トイレの前に立たせ、パンツをおろしてトイレに座らせる。。
やってやっているという書き方かもしれませんが
やらせていただいているというのが本当のところです・・・。

DSC_2041.jpg

前にも書いたのですが今まで母と同じ年の父が夜中も何度も起きて
面倒を見てくれていたことに、今、自分がさせていただいていて
その大変さと、優しさに感謝の念と父の仏性を見せつけられています。

まだまだお互い価値観の違いで父と息子でぶつかり合うことがあります
また子供時代の父との葛藤、父としての家族に対する責任・・・、
ずっとやって当たり前、出来て当たり前とおもっていました。
そんな思いに縛られて父は孤独だったと思います。。
その孤独感が頑固な父を作っているのではと思っています。

でもその孤独さ、頑固さを形造っているのは
僕の思いが縛っているんだということを今、母を通して教えられています。

”当たり前”なんてないんだよね
『与える愛』の行為に対してやって当たり前と思う自分
なんて傲慢な自分が子供のころから心の中に
育っていたのだろうか。。

子供ながら、貧しさの中で
理想の父親像と現実の父親の姿とのあまりの違いに
”やって当たり前”と思うことで自分を納得させていたんだと思う。
そしてその芽はおとなになったいまでも僕の心の奥に根を張っている

プロセス、努力に対する感謝、『与える愛』の尊さ
そこに仏の光が宿り働いているということ

すべては人生の問題集、
仏の愛の世界、仏の創られた世界の中で
仏の愛、光に支えられて時が流れ、良いも悪いも経験している。。

今の僕に言えることは
カメラのファインダーを通してみる世界と同じように
人間の世界も同じように見えるまで
こころのファインダーを新しく作り変えないといけない。。

DSC_2047.jpg

このたび、家庭にエル・カンターレ像をお迎えしたことによって
主、直々の御指導、新しき魂の創造をいただいていることを強く実感しています。

凡夫である私にはどうしても全体の幸福に心が向き、
そのことの重さに押しつぶされ、幸福観を見失ってしまいがちですが、
全体の幸福と同時に個人の幸福もいただいているということ
一人一人の魂も同時に新しく作り変えていただいている
創造の光の渦の中に抱かれているということを
どれだけ感じとれるかが大切なんですネ。


いま、主・エル・カンターレ、大川隆法先生は
新しき日本の創造にむかって
幸福実現党を引っ張ってくださっています。
今、政治の世界では根本的なる価値観の中に亡国の思想がたくさん入っています。
日教組なんかも悪魔の指揮下に入っています。
こんなのが学校教育だけでなく、政治の中枢にまで入り込んでいます。

DSC_2062.jpg

新党を立ち上げただけでは日本亡国は止められません。
みんなの党でもこの亡国の悪魔は退治できません。
新党あわせて第三の勢力なんて言っていますがクラゲの集団に見えます。
骨格がありません。
よって立つところが甘いのです。

新しい価値観に基づいた政治の出現が急務なのです。
幸福実現党しかないと思っています。
神さまの国を作るといってはばからない。。

悪魔に勝つには仏神しかいません。
神様の考えでこの国の価値観を変えないと日本が浮上するとは思えないのです。
この国を世界に向かっての自由と繁栄の発信国になってもらいたいと考えています。

是非是非、幸福実現党を応援していただきたい 


で、ウンチの話の戻りますが
太さも、色も長さも柔らかさも
非常にいい状態のウンチでした。
ありがたいことです。

主よ、御光をお与えくださりありがとうございます。。

母の朝食 

今日は午後から母のMRI検査があるので
休みを変わってもらったので午前中はのんびり?でした。

いつもは父が作っている母の朝食を作ったのですが
ハッとすることがありました。

母は仏神に感謝し、家族、先祖の健康、幸福を願ってから
いただきますといって僕の顔を見てニコッとしました。
母は毎日、朝食をいただく前には感謝の言葉をあげるそうです。

食欲はいまいちですが
作ったものすべてに手をつけてくれました。。

すべては仏の愛の光でできている食べ物、
その食べ物に感謝する母の姿に 「面~!」と一本取られた感じでした。


DSC_9596-1.jpg


仏の創られた世界で魂修業をしている僕たちですが
自分に都合が良いものには感謝できても
都合の悪いものにはなかなか感謝できないし
体調が悪く、つらいときにもできないのが常です。
自分以外のすべてのこと(良いも悪いも)魂の成長の糧になっている

そこに現われている仏神の愛を忘れてしまい
目の前のこと対してとらわれ、
愚痴、不平、不満、しいては争いごとにまで発展してしまうことも・・・。

幸福の科学信者として、
まだまだエル・カンターレ信仰の道のりは遠い


そんな未熟な僕ですが
今の日本を憂いています。。

中国の艦隊が日本の領土
沖ノ島島を一周したそうです。
これは日本への軍事力の示威以外の何物でもありません。

普天間問題にみる鳩山政権のすがたは
自由の大国への道を閉ざす非常に危険な政権です。

かなしいかなこれを選んだのは
多くの国民であるということと
ほとんどのマスコミであるということ

しかしながら間違いに気付き
悪を押しとどめ、善を推し進めることができるのも
同じ国民、同じマスコミであるということ、


DSC_1982-1.jpg


鳩山政権を誕生させた国民、マスコミ各社の良心、仏心を信じ
勇気を持ってNO!という国民の一人にならなければ。。。

今それができるのは
幸福の科学、幸福実現党以外にないと思う。
たとえ、なんといわれても。。

時機到来だ
この風に乗って飛び立とう!
自由と繁栄の種を
この国の隅々にまで届けよう!







おじぃ~ちゃ~ん 

「おじぃ~ちゃ~ん!!」
最近、母が一番多く出す言葉です。

僕の両親は今年、二人とも89歳
母が一月で父は十一月

母は最近体調が思わしくなく、訪問看護を受けていますが
トイレが大変なんですね。
今、自分で起きることができなくて、立たせてもなんとかという状況です。

父も腰を痛めており治療中で最近、脱腸の手術を受けて体調はいまいち

そんな父が母の生命線なんですが
母が体調を崩してからは父も限界になり、
ここ数日から僕も夜中の母のトイレを手伝うようになりました。

二階には一階の会話、物音が常時聞こえるようにしており
夜中でも母の「おじぃ~ちゃ~ん!!」が聞こえたら
すぐ起きて一階へ顔を出すようにしています。

だいたい夜中におしっこが二・三回あり、自分でトイレに立てないので
パンツの中にしてしまいますが、今日は間に合い簡易トイレを使えました。

最初は母の下の部分にタオルを当てることに複雑な抵抗感がありましたが飛び越えました。。
(母にとっては今でも男の子だし、僕にとっては母は聖域ですから・・・・)

気付いたことなんですが母のお尻はとてもきれいなんですよ!!
床ずれもなく、かぶれもない。
父の世話がどれだけのものかがわかります。

自分も体が大変なのにすごいなぁと思いました。
その愛の思いが母に伝わっているからこそ

「おじぃ~ちゃ~ん!!」と声をかけるのですね

DSC_9133-1.jpg

なんでもないときでもとなりに父の気配がないと「おじぃ~ちゃ~ん!!」
と呼びます。
でも、父にはつらい時もあるんですね。。

僕自身もここしばらくは夜中の睡眠不足を早く寝ることで乗り切らなくてはと思っています。
父の負担を少しでも肩代わりし、
両親とも元気で家族そろっての食卓を一日も早くまた迎えたいなぁ思っています。


幸福の科学では家庭ユートピアの大切さを教えてくれます。
家庭がユートピアになってこそ
社会のユートピアも国家のユートピアもできると
そんな大切さを父母をとおして学ばさせていただいている。

主エル・カンターレから頂いた
六十男の今日このごろの『人生の問題集』の一ページです。
何点取れるかわからないけど合格点を取った時
この環境は変わると思っています。



 

志ってどこからきているのかなぁ
この大願の上流をたどっていくと
その源流は遥かなる天空から
舞降りてくる七色の光である
このひかりの中に宿る 仏の理想である


DSC_1751.jpg


ゆえに無敵である
誰に対して無敵か
おのれ自身のこころに対してである

新生活 

DSC_2714-1.jpg


ぼくたちは
たくさんの祝福の中で生まれ
人生をスタートした

感謝こそが
毎日を幸福に生きる
秘訣だ。。。

エル・カンターレの
やさしい  ま・な・ざ・しを
感じずにはいられない。

第二声 

人生の後半のスタート点で

ありえない奇跡のエルカンターレ像をお迎えし


昨日は『初転法輪の決意を新たに』という「第二声」を

直接お聞きさせていただきました。

奇跡奇跡の連続に 

本当に主に愛されていますね と言われた

感謝感謝です。。


DSC_1947.jpg


日暮里に生まれ育った私ですが

「第一声」には間に合いませんでした

そのころ大師を求めている最中でしたが

守護霊様の感度が悪かったか僕の感度が悪かった

初転法輪に間に合わず悔いが残っていましたが

「第二声」で救われました。


と同時に新たなる歯車を廻していく決意をさせていただきました。

無明の世界に光を点ず

”我一人世に立たん”の気概をもって

自分の勝ちパターンを今一度創造しようと思う

勇気を持って チャレンジ! チャレンジだ!



賜った仏言

「恐れることは実際には起きない!」

「自信をもつとよい。。」
 







仏陀御来臨 

DSC_1952.jpg


本日、初転法輪記念館に

大川隆法総裁先生が御来臨

御法話『初転法輪の決意を新たに』を賜りました。


DSC_1942.jpg


DSC_1940-2.jpg