かめぱぱの心のファインダー

創造主の慈悲の愛の光溢れる世界を写真と言葉で書き綴った幸福の科学信者ブログ。

谷中にて 

DSC_8552-25.jpg

日暮里、谷中はお寺さんが多い


DSC_8555-25.jpg

最近は谷・根・千(谷中・根津・千駄木)で
この界隈を散策される方が多くなっています。
おかげでおせんべい屋さんも残っています。

ピースくん 

DSC_8298-25.jpg

よいっぱりの朝寝坊のピースくん
最近は朝、配達に行っても姿を見せません

お~い、いくらうれしいからって
そんなに夜遅くまであそぶなよ

楽しみにしているんだから。。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

thread: 犬の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

ムラサキシジミ 

冬眠していたムラサキシジミが姿を見せた
一円玉にもみたない小さなあいらしい蝶だ

東京ではないと思うが、信州のように雪の降る地域では
成虫で越冬する蝶たちの中にはそのまま凍え死んでしまうものもいるそうだ


DSC_8488-1.jpg


2009年早春、
季節をつかさどる神様は夢のような世界を用意してくれた

梅の花に蜜をもらうムラサキシジミ
ファインダーをとおしてみる梅花に
子に乳をやる母の優しい眼差しを見た

こんな至福の時も
この世界でははかなきもの

なにをもって永遠とす


DSC_8497-1.jpg


その永遠なるものを
僕は手にした

永遠とは
信仰によって
仏と一つになること

信仰によって 
エル・カンターレの子となる

信じるということは勇気がいる
それは”自分”をすてるからだ

にせものの自分と本当の自分
この区別も永遠だ

人生は発見の連続
だからこそ苦も楽なり

”永遠”が頭上に輝いている限り
人生は楽しいものだ。。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP



さくらが咲いた 

早咲きの寒桜が咲いてきました
田端八幡神社には二本あるのですが
一本はもう八部咲き、もう一本は五部くらいでしょうか


DSC_8631-22.jpg


めじろの集団が飛び回っています
動きが早く、高いところなのでカメラは無理です


DSC_8635-22.jpg


花芯を食べられる花もあります
この時期はヒヨドリが蜜を食べるためです

もう少したってくると雀達がたくさんの花を
地面の落とします

春はもうすぐそこまで来ています


DSC_8659-22.jpg


幸福の科学の文化芸術祭の作品応募〆切も
あと一ヶ月となってきました。
今年は冒険してみようと思います。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP


thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 2 | edit

美 あるがままに 

DSC_8724-22.jpg


ぼくときみのちがいは
信仰をもっているかいないかだ
エル・カンターレを知っているかいないか
エルカンターレが僕たちの魂の創り主
このことを信じているかいないかだ

春の一にち、
誰もきづかない場所で梅の花が
静かに咲いていた
その美しさに魂がふるえた
きっとあなたは
あなたの創り主が
エル・カンターレであることを信じているのだろう
いや、それいじょうのものだ
エルカンターレのいのちの光りが
梅の花となって咲きひらき
やさしいひかりと 
かをりを放っている


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

愛から祈りへ 

DSC_8586-21.jpg

天使の愛は無償の愛です
その方が気付く、気付かないに関わらず
与え続ける愛なんですね。

仏の愛を実践し続ける人々の愛です。

天使の愛であり続けるためのは智慧が必要です。

どうしたらその方が気付かれるか
幸せになられるかを日夜考え続け、
実践し、工夫し続けています。

だからこそ、その方のお話に
耳を傾け、心を傾けることが自然にできるのですね。

DSC_8606-21.jpg

聞くだけでは天使の愛にはなれないのです
共に悩み考えるということもあるけれども
決定的な違いがあります。

救われる方は解決方法が見つからないかもしれませんが
天使は悩みを解決する能力を持っています
それが悟りの力です。 信仰の力です。

天使は悟りの力によって自分の悩みを解決することはできます
ですから相手の方の立場に立って悩みを同一視することができるのです
ここまでいって、きっかけ、導きの言葉を与えることができるのです。

自分の回りに起きているすべてのことは
救済力への肥やしになっているのですね。。  ありがたいことです 。

”愛から祈りへ” このプロセスが 天使の愛なんですね 。  
                                   


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP



メガヒットキネン 


DSC_8470-12.jpg

【感想】

うれしいですね
ありがたいですね
ともに やりぬきましょう!


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP


梅花爛漫 

DSC_8372-18.jpg

春への道筋を開く 梅花
人は 梅花咲き揃うを見て
すぐそこに
春の到来を 確信する

信仰の世界でも
今が花咲き揃い 
春の女神を招く
ワンチャンスのとき

女神は彼の地を
春色に変えるであろう

善念の梅花爛漫をもって
勝利への道程を突き進もう

時は今である メガヒットキネン


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP









プロフェクショナルへの道 

DSC_8592-16.jpg

プロを目指すことだと思うのです。 人がやらないところにプラスアルファの努力を加えることです。 ひとがしていない努力を少し加えなくてはなりません。 人並みでは駄目なのです。 他の人よりも、 もう一歩、努力することです。 「それだけの厳しさを持っていない人には、これからは、厳しい時代になる」と述べておきたいのです。    『朝の来ない夜はない』 p38~p39 「プラスアルファの努力」でプロフェクショナルを目指せ より 


この言葉を一年前に述べられたお方はどういうお方でしょうか。
一年後の今、働く世界で起こっている現実をみると、
おそろしいですね、 すごいことです。

このお言葉は今現在の自分にも突きつけられています。
そして、これからも先も永遠に、

変化の激しい時代だからこそ「このままでいい」は
負け組みを意味します
勝ち組、負け組みといいますけれど
これだけのことなんですね



朝の来ない夜はない―「乱気流の時代」を乗り切る指針朝の来ない夜はない―「乱気流の時代」を乗り切る指針
(2009/01/21)
大川 隆法



いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

越前水仙 

台東区谷中初音町に岡倉天心ゆかりの地があります
ここ初音町は岡倉天心による日本美術院創設の地だそうです
小さな公園になっていており、岡倉天心祈念堂と付けられた六角堂があり
中には天心の木彫坐像があります

そして公園には梅と越前水仙が植えられています。

DSC_8528-15.jpg

天心は亡くなる一ヶ月前にカルカッタの女性詩人に宛てた手紙の中で、
「もしも私の記念碑を建てねばならぬというのであれば、水仙を少しばかりと
香しい梅樹を植えよ。」と記したそうです。

天心は越前を心のふるさとと慕っていたそうですが、
ちょうど水仙が咲いていましたが
この水仙があの越前から贈られた水仙なんですね

輪廻のなかをいきる 

春いちばんに咲いた かんざくら

ヒヨドリが ぼくたちにプレゼント

こんにちは

こんにちは

かわいいネ

愛らしい

でも もうお別れ

はかない いのち

ぼくたちの こころを

ポッとさせる いのち

ほとけさまに いただいた いのちって

こうなんだね

なにもいわない 君だけど

ありがとう

らいねんも またあおうね

ありがとう

ありがとう

ぼくたちは

輪廻のなかを いきる

ありがたいなぁ


DSC_8537-1.jpg


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

春一番 

昨日、東京に春一番が吹きました。
(実際には九州と中国、四国、北陸、関東に吹いたそうです。)

DSC_8317-9.jpg

今、マスコミ等は「恐慌が再来するのではないか」と言って、 いたずらに恐怖心を煽って(あおって)います。  しかし、かっての大恐慌のとき、アメリカ大統領のフランクリン・D・ルーズベルトは、 就任演説で、「恐れなければならない唯一のことは、 おそれるということ自体である(英文あり)と語り、 恐怖と闘うように国民を鼓舞しています。  では、恐怖と闘う方法とは何でしょうか。 それは、自分がいちばん怖がっていることをやってみることです。  自分をいちばん萎縮(いしゅく)させ怖がらせているもの、 あるいは、自分がいちばん人の目を気にして恐れていることにトライすることです。 チャレンジすることです。 そうすると、恐怖は消えていくのです。  いちばん恐れていることと果敢(かかん)に闘うことによって、 恐怖は克服することができます。  「恐怖をこそ恐れよ」というのは本当なのです。  不況期には、いろいろな恐怖があるだろうと思いますが、 恐れずにチャレンジしてください。  恐怖こそ、克服すべき相手です。    『朝の来ない夜はない』 p121~p122 勇気 ― 失敗を恐れずにチャレンジする  より 

春一番といえば、政治の世界でも小泉さんの一言という風が吹きましたね。
天気の世界では気象庁というところと民間の気象会社が生きた情報をくれるのですが
時事(政治)の世界の吹きつけ変化し続けている風を読み解くのには
幸福の科学出版からでている月刊 「リバティ」 がおもしろい。

これで、あなたはテレビ、新聞を中心とした”不安”というマイナス洗脳から脱出でき、
本来の社会生活に立ち戻れます。

マイナスのことを言い続け、思い続けても決して世の中は良くなりません。
日本語には”建設的な言葉”というものがあります。
こういう時代だからこそ、もっと積極的に使いたいものです。


朝の来ない夜はない―「乱気流の時代」を乗り切る指針朝の来ない夜はない―「乱気流の時代」を乗り切る指針
(2009/01/21)
大川 隆法


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

この道 

今朝、正心法語を読誦していて

『この白き手に 従いて ただただ 直く 進むなり 人生は・・・。』

で声がつまり、涙が溢れるばかりでした。

この道に間違いなし

仏の光りに照らされ導かれ、ここまで来た

そして、これからも                     


DSC_8393-9.jpg


ここにコメントを下さる、きろろさんのご友人が帰天されました。

彼女とは昨年の11月、宇都宮のネパール釈尊館できろろさんに

紹介されたのが最初で最後になりました。

そのときは記念写真を撮らさせていただきました。


訃報を知ったその日は、ちょうど、お寺の境内で梅の写真を撮っていました。

一つの木に一時間くらいかけて光の変化と花の表情を撮り続けていました。

家に帰ってから訃報を知ったのですが、写真を現像していて、はっとしました。

それがこの写真です。 彼女の姿を見るような思いがしました。

本当のお姿はもっともっと素敵で素晴らしい天使になって天に帰られたのでしょう。


彼女は”みいちゃん”とよばれていました。    合掌




勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法



いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP


霊的な目 

DSC_8280-5.jpg 敬虔の天使

「信仰の優位」ということを、 しっかりと心に描かなければなりません。  代償の法則の中で、最大のものは、 実は、「”この世的なるもの”を、 どれだけ捨て、そして、真理に生きられるか」ということです。  釈迦やキリストが説いたことも、そういうことです。 どちらも、「この世的なるものを捨てよ」ということを説いています。  これは代償の法則なのです。 この世的なものに執着したものは、 その”重み”で沈んでいきます。  しかし、この世的なものに執着しないで、霊的な目で見、 天国的な目で見、 あの世の目から、仏や神の目から見て、人生を生きた人は、必ず仏や神のそば近くに座れるようになっているのです  これが代償の法則の最大のものです。 どうか、これを記憶しておいてください。    『勇気の法』 p235~p236「代償の法則」の最大のものとは、この世的なものに執着せず、霊的な目で人生を見つめ、生き切ること  より 

DSC_8279-5.jpg 従順の天使 



勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法



いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP




勇気の内容 

DSC_8255-2.jpg

「勇気とは何か」を知りたければ、  「自分は、いかに生きるべきか」ではなく、  「自分はいかに死ねべきか」を考えればよいのです。   どのような一生を生き、どのような死に方をしたいのか。  どのような最後を遂げたいのか。  どのような人間として死んでいきたいのか。  自分が死んでから後に、どのような人であったと言われたいのか。  そうしたことを、自分自身に問うてください。  そして考えてください。 その問いへの答えが、あなたに求められている勇気なのです。  もう一度、言います。  勇気とは何かを知りたくば、死を覚悟せよ。 そのときに、勇気の内容が分かります。  おそらく、その答えを見つけたときに、 あなたの心に、 熱血火の如く生きる勇気が沸き上がり、 新たな人生が開けてくることでしょう。    『勇気の法』 p187~p188 勇気を出して、熱血火の如く生きよ  より 


今回はちょっと長文です。

前にも書きましたが、岩登りをしていた時は死を覚悟していましたので
色々な場面に遭遇しても、自分は何をすべきが分かっていました。
それでも、極限に置かれた時、
死への恐怖心のあまり、最後の一歩が出ないときもありました。

その当時を今振り返ってみると、自分には甘えがありました。
自分がやれなければ友が変わってくれると。。
もちろん単独行でなく、パーティ、ザイルを結んでいるのでお互いに助け合っているのですが
やはり、責任感と言うものが弱かったと思います。


いま、仏陀再誕の時代、奇跡の時間を同時代の地球人と共有しています。
そして、自分は人々の未来への道筋を導ける立場を与えられました。
何をすべきは分かりました。

かって、自分は主をとるか、それとも家族をという、自分自身への問いに
お母さんに、
「ごめん!おれは、そのときは、主をとるよ!
お前達とは天上界でまた会える、
しかし、この時代の要請は今しかない、主と共に生きると!」
そう告げました。

あれから、二十年近く、家庭の中でも年老いた父母、ぼくもおかあさんももうすぐ60、
自分の肩に違った意味での責任も大きくなってきています。
この置かれた立場の中で自分にとっての問題集の一ページを解かなければなりません。
答えを出さなければいけません。
たぶん、答えには過去の転生での傾向性が影響されるでしょう。 すごく、短絡的です。

でも、今回はエル・カンターレの教えを学んでいます。
新しい信仰観です。 
新たなる答えを。。。 自分の心の中で今も考え続けています。


そんな時、日経新聞の6日の私の履歴書のドトール名誉会長の鳥羽博道(とりばひろみち)氏が
書かれていた中に、「お客様のために死んでもいい」というような内容の記述がありました。
そのとき、ピンときました。

死ぬとは、誰のために死ぬのか、
今まで、主のためにと思っていましたが
これは主の思いを間違って理解していました。
仏の愛する目の前の人のため、家族のため、同時代の人たちのため、
新時代のために命を賭けられるか!
これだと思いました。

主が身命を賭して法を説かれ、御巡錫されいるのは、
その相手は、僕たちの後ろにいる方達に対してである。
ぼくは主と同じ方向に身体を、心の向きを変えないといけないと本気に思いました。
いままで主に対する甘えがありました。なかなか乳離れができないんですね。
向きが主の方向に片寄っていました。

目の前の人、これから生まれてくる人たちのために命を差し出すとはどういうことなんだ。。

死とは肉体我を捨てること、自己保身、執着を放つということ、
それは、永遠の今をエル・カンターレの光りとして、一部として生きること。
目の前に広がり、刻み続けている時の流れに真我を差し出すこと。
僕にとっての勇気とは永遠の今という”時”を霊的人生観で切り撮り続けることだと思いました。

どんな小さなことでも霊的人生観に裏打ちされた行動をやり続ける

これこそが僕の「エル・カンターレ ロード」であり、
「心のファィンダー」なんですね。

答えは同じなんですがもう一段掘り下げられたという感じですね
   (天上界のご指導、ご支援に感謝の気持ちでいっぱいです) 合掌



勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法



いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

文化芸術祭2009 

DSC_8261-28.jpg  日光精舎


そろそろ文化芸術祭の応募作品をきめないといけないなぁ。。   


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

長靴で参拝 

DSC_8198-4.jpg

この日(1月27日)は天気はよかっったですが
東京から長めの長靴を履いての七の日めぐりでした
丹勢の手前の裏見の滝でバスを降り、いつもの場所へ
去年は積雪があって道から外れると靴の中に雪が入ってくるので
河原には入れませんでした(夏は流れの中に靴のまま入ります)
今回は雪がなく楽勝で河原へ向かう長靴で流れの中に入りました
堰の流れの真ん中に入って撮るのですが条件が悪く、ものにできませんでした
条件が良いと、流れの中に光りの流紋ができ、面白い絵が撮れるのですが。。

一時間くらいできりあげて日光精舎の式典に出て、その後は撮影はやめ、
総本山に向かいました。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

チャレンジ 

DSC_8222-28.jpg

どんな世界であっても、 目標が高ければ高いほど、 失敗する確率も高くなります。  しかし、最初から失敗することをおそれて何もしなければ、 何も成し遂げることはできないのです。  私自身、何度も失敗しています。 新しいものに向かっていくかぎり、 必ず失敗は出ます。 しかし、人類の未来を開くために、 常にチャレンジし続けています。 失敗をおそれず、チャレンジしていかなければ、 道は開けません。    『勇気の法』 p46~p47 失敗をおそれる人は、すでに若者ではない より 




勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法



いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP

必ず出会う人 

DSC_8248-2.jpg

今、あなたの人生の幸・不幸を分けているのは、 実はあなたの身近にいる人、 あなたにご縁のある 二十人か三十人ぐらいのグループの人であり、 そのなかで、あなたがたの幸・不幸はおそらく決まってくるだろうと思います。  その人たちは、 実際に、この世であなたが「出会うべくして出会った人」であることが非常に多いわけです。  あなたが人生の修行をする上で、どうしても必要で、 あるときに、確実に、絶対に一度は出会うように仕組まれている、 ご縁のある人がいるのです。  そのなかには、あなたに優しく接してくれる人もいれば、 何かを厳しく教えてくれたり、 試練を与えてくれたりする人もいます。  しかし、必ず出会わなければいけない人がいるのです。  これが、ある意味での「人生の問題集」でもあります。    『勇気の法』 p214~p215 「人生の問題集」として出会わなければいけないソウルメイトもいる より 




勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
天使のモーニングコール
宗教法人幸福の科学公式HP



魂の友人・ソウルメイトたち 

DSC_8176-30.jpg

いつの時代も、あるいは、ときどき、 一緒に魂修行をしてきた仲良しのグループがあり、 そういう人たちが同時代にたくさん生まれています。   万一、あなたがたの現在の家族関係や友人との人間関係、 仕事での人間関係が破綻しても、 新しくまたできる人間関係のなかに、 自分に縁のあるソウルメイト、「魂の友人」と言うべき人が出てきて、 助けてくれるようになっていることが多いのです。  ・・・・「魂の友人たち、ソウルメイトがいて、 自分の人生のバックアップをしてくれている」 ということを知ってください。    『勇気の法』 p210~p211 ソウルメイトの助力 より 

このシーンも三年目です
日光精舎からの帰りのシャトル便の中で
「天上界から、光りの仲間と共に、この地上世界に飛び降りていく、
そんなイメージの絵作りにチャレンジしています」と職員の方に
答えていました。

今回の写真も、主の「魂の友人、ソウルメイト」の真実のメッセージを
流れ落ちる寸前の光りに”念い”をこめて撮ることができませんでした。
もうちょっと透明感があって、優しくて、力強い光の輝きにしあげたかったです。

それには左端の流れが下りている部分をもうすこし取り込まなければならないなぁと思っています
又、堰の部分の緑色のコケがもう少し育って広がっていないといけないし、むずかしいですね。。
必ず、光の中にこめられると確信していますが、自分からは撮れないと思います。
いただける写真、絵の部類だと思っています。    導きの時を信じて



勇気の法――熱血 火の如くあれ勇気の法――熱血 火の如くあれ
(2008/12/19)
大川 隆法