かめぱぱの心のファインダー

 目に見えない光の存在を写真と文で皆様の心にお届けする幸福の科学信者の写真ブログです。

二月のコメント 

DSC_1495-2.jpg

二月もあと一日で終わり、梅の花も盛りを向かえ次は寒桜、そして、ソメイヨシノと続きます。

今月になってからブログに変化がありました。
それはあきらかに悪意を持ったコメントが17件、
まぁ、僕のブログなんか攻撃してもしょうがないと思いますが
コメント拒否で対応しています。

DSC_1497-2.jpg

ぼくはここで幸福の科学の信仰告白をしていますが
ぼくにとって幸福の科学、主エル・カンターレは命の根源、存在そのものです。
この地上に悠久の昔から存在する一切の事象、生命はこの光りの存在の念いの一部です。
これは理屈ではないのですね。ごくごく自然な事なのです。
この世界に水があり空気があり大地があり命の営みが連綿とつづいているように
ほんとうにごくごくあたりまえのことなんですね!
この大宇宙を統べる大いなる光りの存在がおられ、その生命の大樹の一枚の葉、
一輪の花としてこの僕もあるということ、そして、その存在はこの世だけでなく、あの世にも続く、
永遠の生命としての一輪の花なのです。

DSC_1498-2.jpg

ですから生命の大樹の本当の姿はピカソが描かれた絵のように多次元的な見方が出来る方でないと
分からないと思います。 すべての人間がピカソのような見方が出来るわけではないのですが
大宇宙の創造主、主エル・カンターレは人間に信仰の本能というものを与えられました。
その信仰の本能によって魂の親、生命の大樹を感じることができるのです。
ゆえにぼくにとって幸福の科学の信者でいるということは信仰の本能そのものなんですね!
だから、ごくごく自然体でここにも書くことができるのです。
どうでしょうか!これで少しはご理解していただけたでしょうか!ですから、だれもこの信仰行為を
止めることはできないということです。
来月もばりばりいきますよ!お付き合いのほどよろしくです。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

料理をおいしく食べていただけるコツ おいしくいただけるコツ 

DSC_1478-2.jpg

今回もまた、有楽町から東京まで歩きました。
街路樹のイチョウの樹の陰がおもしろかったので一枚。

今日のタイトルはとても長いです。
そのわけは

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む
-- 続きを読む --

有楽町 東京国際フォーラム 

DSC_1476-2.jpg

星野富弘・相田みつお展を見るため初めて建物の中に入りました。
今までの印象は船の形をしたガラス張りの建物ぐらいの感じでしたが
いやぁ、きれいですね。夢があります。
僕には大宇宙を航海する宇宙船地球号の船底のように思えました。
この建物が地球を乗せ、ここで開かれる各種のフォーラムが地球号の舵取りをする、
そんなメッセージ性のある建築物、設計者の思いがあるのではないかなぁなんて
思ったりして楽しい建物でした。
この中に相田みつお美術館があり、星野富弘展があるというのもなんとなく・・・。

DSC_1463-2.jpg

僕のブログの日光シリーズのなかで渡良瀬川の夕景をいつか撮りにきたいと書いたのですが
今回の二人展の星野さんの渡良瀬にある美術館の模型のそばに渡良瀬の夕景の写真が
一枚ありました。お二人とも渡良瀬川流域の方でなんか引っ張られてきた感じがします。

来る3月2日、新しい船に乗っての大航海時代の幕開けを迎えられること感謝です!
エル・カンターレという大きな船、大願船の乗組員と思える瞬間が来る。
そんな風に思えるとても素敵な時間を家族とNちゃんと過ごせました。 感謝感謝。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

水仙 

DSC_1438-2.jpg

太陽の光りに柔らかさが戻ってきた。
大地からの春の気配が、目に見えないカーテンとなって
立ち上がり、大気となって光を柔らかくしているのだろうか

もうすぐ冬将軍から春の女神へと季節はバトンタッチ
神々の世界も高天原の光りから浄土の光りへ
赤紙仁王もおおわれていた赤い紙の中から顔を出す

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む



-- 続きを読む --

平安時代の遺跡 

DSC_1413-2.jpg

おふくろさんと散歩している時、
とある場所で遺跡の発掘調査に出会いました。
携帯で写真を撮ってしばらくいると食事休憩されていた
調査員の方が二人、戻ってこられました。
ちょっと話を伺いました。遺跡は平安時代の遺跡で、
その下にもう一つ前の遺跡があるそうです。
燃え残った木片も出土していましたが
生活用具はまだ見当たらないようです。
お話によると新しいものが古い遺跡の上に建てられていて
前の遺跡が壊されてしまっているとのことです。
新しい遺跡が平安時代のもので直径1メートルぐらいの穴が
三つあり、大きな柱が立っていたと思われるそうです。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む


-- 続きを読む --

春一番 

DSC_1393-2.jpg

今日東京では春一番が吹きました。強風で家がゆれていました。

午前中は風もなく、穏やかな小春日和。
早咲きの梅の花を撮ったりしながら町歩き。
この暖かさならばとおふくろさんを車椅子で外に連れ出し散歩。
二時間ぐらい町歩きになりました。散歩の終わりにちょうど田端台、開成高校の
グランド近くに来て視界が開けてきた時、驚きました。景色がけむっているのです。
太陽を見るとボーとしてます。黄砂が来たと思いました。
家に着いて、しばらくしてから風が強く吹き始めました。春一番です。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

-- 続きを読む --

春を奏でる 

DSC_1380-2.jpg

気の早い春告げ奏者が春のメロディーを奏ではじめました。
まだま一人ですがもう二週間もすれば君の周りは赤や黄色でいっぱい。
本当に不思議ですね!こうして春の舞台が出来てくるのですね。
キタイシテルゾウさんはどんな音色で春を告げるのでしょうか?
キタイシテマス!


DSC_1384-2.jpg


お不動さんの右側に八幡神社の参道が続く、奥まった鳥居の手前に寒桜の木が二本。
花芽はだいぶ膨らんできました。開花は三月はじめでしょうか。

左右の仁王像は赤紙でいっぱい、生老病死の病はいつもこの身もこころもを苦しめる。
そんな庶民の願いでがんじがらめの赤紙仁王、お不動様はなに思う。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

日光にて (七) 

DSC_1296-7.jpg

日光シリーズも今日で終わりです。東京に帰る途中、
渡良瀬川あたりから夕景がきれいになります。
いつも東武の電車の中で思うのですが、”ここで降りたい!”と
しかしながら停車する駅も近くにないし、歩いてはとても・・・。
でもいつかきれいな夕日を渡良瀬川と一緒に撮ってみたいです。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む
-- 続きを読む --

適材適所 

DSC_1268-77.jpg

岩さんのブログに”適材適所”がUPしてました。
素敵な写真と言葉。
今朝、また訪れてみてこの絵が浮かびました。
岩さん讃歌です。

日光にて (六) 

DSC_1180-2.jpg

日光シリーズは今日と、もう一回、お付き合い願います。
東京では梅の花が咲き始め、
めじろのさえずりもよく耳にするようになりました。
日光は今、どんな感じなのでしょうか
この場所ももう雪は消えているのではないでしょうか。

光りは仏の命そのものです。
ここ日光の日の光は
日光精舎のエル・カンターレ像から放たれる仏の光りそのものです。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む
-- 続きを読む --

日光にて (五) 

DSC_1124-3.jpg

下の写真を等倍で切り出したもの
ものすごい素材にぶちあたりました。
イメージが膨らみます。日光曼荼羅みたいです。

DSC_1125-2.jpg

橋の上から撮影している僕自身です

DSC_1276-2.jpg

日光有料道路です。左方向が清滝のほうになります。
川沿いに遊歩道がありますが、今回は雪道で危ないのでパス。
新緑、紅葉の時はいいですよ!

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

-- 続きを読む --

画像補正ソフト 

DSCF1435-2.jpg
      FinePixF31fd(酒販会館前のお宅の駐車場のミニかまくら)
日光シリーズは後一、二回続けます。

今回は僕の使っている画像ソフトについて。
今使っているのは
1、フォトショップ7.0  
2、シルキーピクス 
3、ニコンのキャプチャーNX
の三つを使いまわしていますがCaptyureNXがこれからはメインになります。
今日の写真三枚ともCaptyureNXで補正してます。

DSC_1367-2.jpg
     D300 (二階の部屋に西日が差し込んできました)
D300も良いですがCaptyureNXもイメージ通りに補正できます。
このぶんだと”光り”をメインテーマにした作品作りが出来そうです。

DSC_1368-2.jpg
               D300(データをすぐにCDに取り込むようにしました。)
心のソフトのほうはもちろん幸福の科学の仏法真理です。
不謹慎な例えになってしまいますが宇宙一のソフトです。
普遍性があって人生全般に使え、この世とあの世をつなぐ、貫く、
悟りというなの幸福生産・増幅ソフトですよ!

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

日光にて (三) 

DSC_1099-2.jpg

いまから30年以上前。二十歳代の頃、僕は山登りをやってましたが
あの頃は白黒フィルムだったので押入れを暗室にし、
現像、引き伸ばしを楽しんでいました。
真冬の谷川岳・幽の沢に一人でラッセルをしながら
雪崩の心配をしながら写真を撮っていたことを思い出しました。

上の写真は日光精舎ですがこれで膝下で15センチくらい。
冬山登山では腰から胸ぐらいの雪の中を進む事もありました。
遠い昔の話ですがその時の一歩一歩雪を踏み固めていた経験が
いまにつながっています。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

-- 続きを読む --

日光にて (二) 

DSC_1075-2.jpg

息子にインフルエンザがうつってしまいました。
まぁ、狭い家の中ですし、おねえちゃんがなったとき、時間の問題でした。
二階は僕と奥さんもマスクをしてます。下には高齢の両親がいるので・・・。
毎年、インフルエンザの予防接種は家族全員しているのですが、僕の弟だけは
しなかったので気を使います。
そういうわけでこの二連休は家の中でおとなしくしています。
今日は支部でエネルギー復活祈願祭があるのですが残念です。
まぁ、しかたないですね。

DSC_1113-2.jpg


いつ見てもここからの精舎はチベットのポタラ宮を思い出させます。
(行ったことはないのですが映像としてたくさん見ました)

D300を導入してから写真の幅が広がりました。
これなら天上界の方々も撮ってみたいと指導してくれると思います。
しかも、おまけでついてきた現像ソフト、Captyure NX が楽しいこと、
僕が習熟してくればイメージどおりの絵作りができるので天上界の
芸術家の方にも意欲は出ると思います。
あとは僕の信仰心の問題ですね。祈願と精進にかかっていいます。

昨日、TVで”花嫁のれん”?という題で能登の老舗旅館に嫁いた花嫁さんの
ドキュメントをやっていましたがとてもよかったです。 気付きをちょっと・・・

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む
-- 続きを読む --

日光にて (一) 

DSC_1069-3.jpg

今回は3Gぐらい撮ってきました。現像と整理に時間がかかっていますが
日光シリーズとして東照宮や中禅寺湖とは違った普通の風景の中の
魅力にチャレンジしてみました。
日光の市外は除雪がちゃんとされています。さすが観光地です。
バスで390円、丹勢(たんぜ)というところで降りると日光精舎です。
この日は七の日なので式典参加までの一時間ぐらい長靴を借りて川原に
降りてD300を楽しみました。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

日光へ 

DSC_0884-2.jpg

年初から日光へいかなくちゃと思っていたのですが
やっと、七の日のきょう、行くことができます。
あと10分で支度してGO!

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 3 | edit

計画性 

DSC_0878-2.jpg

娘にお父さんは計画性をもってやってないと言われた
自分の計画と神の計画とのぶつかり合い
人間心と仏心 
本当は仏心なのだけれどなぁ・・・難しいものだ。
親子であっても意見は違う 
仏の子であっても立つ位置によって見方は違う
この家族であってこそ、わが道を行くことができる幸せ
ありがたいことです。


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 0 | edit

D300の高感度 

DSC_1033-2.jpg

懐かしい風景に出会いました。
僕の父親は職人さんだったのでこれと同じような
感じの仕事場を持っていました。
なんか子供の頃の父親の姿が浮かんできます。
よく、夜遅くまでやってましたね、寒かったつ思います。

これがD300で撮れるからうれしいです。
ISO感度は1600、手持ちで撮れます。
ノスタルジックな表現が出来たと思ってます。

レンズはVR18-200ですがいまのところ
安全な手持ち範囲は僕の場合1/30秒が限界。
動きのあるものはシャッタースピードをあげるので
ISO3200でも暗くてダメ、明るいレンズが・・・。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

カミ雪 

DSC_1046.jpg

昨日の予報どおり雪になりました。
長野の人が”カミ雪”と書かれていて、僕は?と思いました。
ネットで調べたら太平洋側を通る低気圧の影響で長野南部に
降る雪のことを”カミ雪”と呼ばれているようです。
松本ではもう積雪20センチになっているようですね。
我が家、東京日暮里では5センチくらい。まだ降っています。
あすの仕事が大変!自転車で行くので・・・・。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

仏の子 

DSC_0755-2.jpg

仏の子が仏の子として生きている
その美しさを撮ってみたいものだ
そのためには 僕自身の信仰心を
深めることからはじめよう!
まずは仏の子の自覚だ。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
幸福の科学の電子小冊子を読む

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 3 | edit