かめぱぱの心のファインダー

創造主の慈悲の愛の光溢れる世界を写真と言葉で書き綴った幸福の科学信者ブログ。

なな 

PA210957-2.jpg

世の中は 仏の智慧に満ち満ちている

ものまねの原口さんが「ものまねは勇気です」といっていた

人の持っている”強み”はかならず光っている
この光り、輝きは智慧の輝きでもある

足りないところばかりを見るよりも”強み”を捜そう!
そして見つめよう! ほら 智慧の光りが見えてくる

あなた自身の”強み”は なぁ~に
それをもっと生かそう!
強みこそ光り輝く姿 仏の光りそのものだ!
人の数ほど 智慧がある。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて

日暮里の小さな秋 ② 

PA210930-2.jpg

日暮里の小さな秋 ① 

PA210918-2.jpg

日暮里には緑地が少ない
そんなところで 秋を感じるのは
空と猫の額ほどのすすき 
あとは・・・、そうだ 日のひかり

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて



こころの絵柄(人は変わる) 

PA210904-2.jpg

今日もいろいろあった
こころの秘密のカギをこじ開けられた
完全主義の功罪 もうかくせない。

悟りの力はぼくをいとも簡単に変えてくれた
主エルカンターレよ!ありがとうございます。

これが幸福の科学の素晴らしさだ!
共に学ぶ法友の素晴らしさだ!

僕のこころの絵柄が変わった
人は仏の光りによって変われるのだ。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて


ニーズの創造 

PA140880-2.jpg

任天堂の成功のカギは一部のマニア向け商品だったゲーム機を大幅に見直し、
幅広い年齢層に支持される商品に作り変えたことだ。-19日日経社説よりー

やってて楽しい、見てて、聴いてて楽しい
この楽しさの部分がもっと見直されても
いいのではないでしょうか

しかも、この「楽しい」は単なる快楽主義ではなく
来世、「あの世へ持って帰れる成功」があってこその
楽しみであってほしいと思います。

楽しいというのは得意分野と置き換えても
いいのではないでしょうか

僕の場合で言えば信仰は楽しい!幸福の科学は楽しい!
というメッセージを写真を通して知ってもらうということと
僕の写真を見るのいつも楽しみだというファンを作ることが
楽しみなのです。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて

thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 3 | edit

東京・西日暮里 

PA140882-2.jpg

幸福の科学に入って伝道していると
家族をはじめ、周りの人は
「宗教にのめりこんで!」
と思うのが普通の見方だけど
ちょっと見方を変えてみませんか

『愛』というこころの窓からのぞいてみましょう!
きっと理解できるようになると思います。

端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ   端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ   端、螯rヲWヌy、J、OニヌMニGニ

愛とは与える愛です
与える愛とは
まず『感謝する』ということから
はじまってゆくのです。
          -太陽の法ーより

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて



曼珠沙華  

P9244848-7.jpg

「必ず一条の仏法真理の光りが照射してくるのです。
その光りこそ、救いの光りなのです。
救世の光りであり、人々を暗黒の時代から
救い出すための生命の光りなのです。」
                ー太陽の法よりー

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて
thread: 花の写真 | janre: 写真 |  trackback: 0 | comment: 4 | edit

秋椿 

PA070868-7.jpg

朝の優しい光りを受けて
椿の花がぽっと咲いていた


いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて


無明からの脱却 

PA230351-7.jpg

今日、ラジオの番組で「裁判員裁判制度」についてやっていた
検事総長のT氏がいろいろと述べられていましたが”おや?”
っとおもうことがあった。
裁判員裁判制度」は裁判員が判断するわけですが
T氏はその判断にとって
「宗教がないことが大事」といっていた。
かたよった判断にならないからだそうだ。
「日本人の国民性にあっている」とも言われた。

宗教の大切さも、宗教にも正邪があるという事も
わからないらしい。
どうも、あの世の視点がないか、弱いのではないでしょうか.。

この世とあの世で人生は完結し、この繰り返しを永遠にしながら
仏に向かっているのがぼく達の本当の姿なんですよ!という視点。
これを受け入れることが信仰であり、教え、導き、自らも社会も
幸福に導くのが宗教なんですね。

人生はこの世限りではない、あの世もある。
この世の閻魔様とあの世の閻魔様では正邪、善悪の判定が
必ずしも同じとはならない。
よりどころとする正しさの基準が違うのです。

宗教の中にある正しさの基準こそがこの世とあの世を
貫ぬいている永遠の真理であり、この真実を知っていてこそ
正しき判断が出来るというものであり、幸福への道標というもの。
どうでしょうか、検事総長様。

あらためて「無明」の恐ろしさを知ると同時に幸福の科学的な
知恵=仏法真理の高みを知る。
真理獲得こそが真の成功だ、 理想国家への道だ。

今、日本にその「明かり」がある。
宗教法人 幸福の科学 公式ホームページをのぞいてみませんか。

いじめから子供を守ろう!ネットワーク
自殺者を減らそうキャンペーンについて